おっぱい体操とは、バストの形を美しく&バストを大きくする効果がある動作のことです。

さほど難しい動きはありません。
だからこそ、注意点はしっかり守って!

注意1:必ず心臓(左)側から

心臓のある左胸側から行うのがルールです。
心臓は血液を循環させるポンプ、そして、おっぱい体操は血液循環を良くする。
心臓側から行うことを徹底してこそ効果が見込めます。

注意2:生理中は行わない

朝晩各1回行うのが理想的だとされています。
が、それは生理期間中を除いてのこと。
排卵日前後の胸のハリによる痛みを取り除く効果はあるものの生理中は休息を優先しましょう。

注意3:大きく揺らす

おっぱい体操で効果が得られないという人の大半は揺らし方が間違っているそうです。
小さくではなく大きく揺らす!
効果が得られないだけならまだしも、小さく揺らすと、逆に小さな胸になってしまうと言われています。

なお、左右のバストの大きさが違う場合は、小さいほうだけにおっぱい体操を行うことで左右の大きさがそろうそうです。

また、近年小さく見えるブラがヒットしていることを考慮すると、大きな胸に悩んでいるのであれば小さく揺らすおっぱい体操でそれが叶うかもしれません。

カレンダー

2017年8月
« 7月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031