josei19

歩数計や健康機器などで「メッツ」や「エクササイズ」という単位を見かけたことがあるかもしれません。

聞きなれない言葉ですがメッツは身体活動の強さを、エクササイズは身体活動の量を表す単位です。

メッツとエクササイズは、最近問題視されている生活習慣病予防のために考えられたものとなります。

まず座って安静にしている状態での身体活動の強度を1メッツと定義します。

そしてジョギングやストレッチなどの運動が、安静時に対して何倍の身体活動に値するのかを数値で表すのです。

普段の生活行動では、座って本などを読んでいる状態を1.3メッツ、通常の歩行時が3メッツ、早歩きや自転車を漕いでいる状態が4メッツ、荷物を上の階に運ぶのが9メッツと定義されています。

身体活動が激しくなるほど、メッツの数値も大きくなるのです。

そしてエクササイズは身体活動の量として表されます。

エクササイズを算出するにはメッツが基準となります。

例として、1時間歩行した場合のエクササイズ値は3メッツ×1時間で3エクササイズとなります。

メッツに運動時間を掛け合わせたものがエクササイズの数値となるのです。

さらにエクササイズ値から、カロリーの消費量を算出することもできます。

その数式は1.05×エクササイズ値×体重の値となるのです。

体重80kgの人が3エクササイズの運動を行った場合、カロリーの消費量は1.05×3×80=252キロカロリーとなります。

健康な身体作りのためにも適度な運動習慣は欠かせません。

厚生労働省が掲げる目標は1週間に23エクササイズの運動が必要とされます。

メッツとエクササイズに注目して、楽しみながら運動を心がけましょう。

カレンダー

2017年3月
« 2月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031