skin0

美肌になるためのスキンケアなど いろいろなことをやっているのに、効果の方が今一つなんてことはありませんか?

そんな時は食べ物を疑うことも考えて下さい。
肌に悪い食べ物というのはこんなものがありますのでチェックしてみるといいでしょう。

■肌に悪い食べ物とは
肌に悪い食べ物とは、一言で言えば栄養の偏った食事のこと。
とくに炭水化物や糖分、脂肪の摂りすぎには注意が必要なので気をつけて下さい。

・シミやシワを作りだす食べ物に注意
白米や白パンなどの穀類は、シミやシワを作りだす食べ物です。
そのほか乳製品や肉などに多く含まれる動物性脂肪は摂り過ぎには注意が必要です。
加工食品に多く含まれるトランス脂肪酸も同様に原因を作ります。

・甘い食べ物はニキビに悪い
甘い物に多く含まれる糖分は、胃の中で消化されると脂分に分解されます。
そのため食べすぎは皮脂の過剰分泌につながって、毛穴が詰まってニキビの原因になります。
ケーキやチョコレート、またバターを使ったお菓子類などはニキビのためにほどほどに。

・冷たい物の摂りすぎで乾燥肌に
冷たい物の摂りすぎは、体を冷やしてしまいます。
すると血行が悪くなり肌の代謝も悪くなって、行き届かせたい栄養素も滞りがちに。
その結果、乾燥肌がひどくなるのでこれからの季節は要注意です。

・アルコールは肌トラブルを招く
アルコールでよく言われるのが肌トラブルです。
アルコールを分解することで体内の多くの臓器にストレスがかかるほか、血管の収縮でコラーゲンに悪影響が及びます。

■おしまいに
どんな栄養も偏ると悪影響が出始めます。
どんな栄養もちょうどよく補うことが大切です。
スキンケアの結果が思わしくないとき、案外原因は食べ物かもしれません。

カレンダー

2017年3月
« 2月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031