チークを入れたピンク色のほっぺも、何もしていなくても自然なピンク色のほっぺも可愛い♪
けど、あんまり赤過ぎると…子供っぽいというかあかぬけないというか…。

色白でも顔色が良くなくてもチークを入れればいいけれど、もともと赤みが強い肌色はどうすればいい!?

その前に。
ほっぺなど顔が赤いことを「赤ら顔」と言います。
赤ら顔はメイクの邪魔になりますし、肌トラブルと言えば肌トラブル。
どうにかしたいですよね。

赤ら顔の主な原因は、
かゆみがある→かぶれなど
かゆみがない→肌が敏感な状態
です。

かゆみがあるなら皮膚科を受診してみましょう。
気づいていないだけでかぶれやアトピーなどの可能性が。

かゆみがないなら、スキンケアの見直し!

洗顔時や化粧水をつける時に無意識にこすってしまっていると肌が常にヒリヒリして赤くなっても不思議はありません。
洗顔料やクレンジング剤の刺激が強いのもNG!

刺激に一時的に負けてしまっているのか、もともと刺激に弱くて肌が敏感なのかはその人次第です。
どちらにしても、なるべく刺激を与えないように。

赤みをファンデーションなどでカバーするのが限界があるはず。
なので、スキンケアを見直したほうが解決が早いですよ!

カレンダー

2017年8月
« 7月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031