» 考え方によるダイエット効果のブログ記事

骨盤がゆがんでいるかどうか、ゆがんでいるならどんな風にゆがんでいるのか、自分でチェックしてみましょう。

『骨盤セルフチェックA』は、片足立ちして行うゆがみのセルフチェックでした。
Aでゆがみアリだった人は今回のBも行うことでよりはっきりとゆがみの具合がわかります。

①床に座って背すじを伸ばす

②両手を腰に当てる

③足が右方向を向くように横座りの状態になる

④その状態から右太ももに左足の裏をつける

⑤背すじがきちんと伸ばせるか・膝やヒップが浮かないか・上半身が傾かないかをチェック

⑥足を入れ換え、左太ももに右足の裏をつける

⑦同様に、背すじがきちんと伸ばせるか・膝やヒップが浮かないか・上半身が傾かないかをチェック

このセルフチェックでわかることは、骨盤の周囲にある筋肉の“硬さ”です。
硬い柔らかいは関係ないようで重要で、どちらかだけが硬いなら同じくらいの柔らかさにすることで骨盤のゆがみを解消できます。

チェックした際に例えば右膝は大丈夫なのに左膝が浮いてしまうなら骨盤左側の周辺の筋肉が硬いということになります。

次回より、骨盤のセルフチェックAとBを踏まえて正常な位置に矯正する効果のあるエクササイズを紹介します。

骨盤がゆがんでいるかどうか、ゆがんでいるならどんな風にゆがんでいるのか、自分でチェックしてみましょう。

骨盤がゆがんでいると太りやすい。
骨盤がゆがんでいるなら矯正すれば痩せられる。
これらのことは耳にしたことのある人も多いはずです。

が、自分の骨盤がゆがんでいるかどうか、また、ゆがんでいる場合はどんな風にゆがんでいるのか、把握している人は少ないようです。

確かに、ゆがみの有無だけならまだしも、整体のプロでもないのにどんな風にゆがんでいるかまで把握するのは難しいように思います。
でも、意外と簡単にセルフチェックできるんです。

①背すじを伸ばして立ち、足をそろえる

②右膝を90度曲げて膝から下が床に対して水平になるようにする

③右足を下ろし、続いて、左膝を90度曲げて膝から下が水平になるようにする

きっちり90度に曲げたり水平にしたりしなくて構いません。
だいたいでOKです。
その代わり、片足立ちになった際に腕でバランスを取らないでください。

バランスを取らずに立ってみてどうでしたか?
どちらかに傾いてしまったりどちらか側で立ちづらいなら、そちら側にある骨盤周辺の筋肉が弱い=そちら側の骨盤もゆがんでいるということです。

誰かが成功したダイエットレシピでも自分に合うとは限らない。これは、自分のタイプとその人のタイプとが違うからです。自分のタイプを把握しておけば太らないレシピが見えてくる!

もともとあまり食べない。
けれど、運動しているわけでもない。
こういうタイプの人もいますよね。

こういうタイプは食べ過ぎる心配はないものの、栄養バランスが良いとは言えないのと運動をしていないという2点から、将来的に太る可能性がなくはありません。
太る太らないは置いておいても健康的とは言い難いですしね。

このタイプは一度にたくさん食べられないという人が多いようです。
だったら、何回かにわけて食べればOK!
通常のダイエットでは間食はNGですがこのタイプの人はむしろ推奨されます。

★栄養の宝庫とも言える豆類
★豆類の加工品の代表格・豆腐

上記の通り、豆類&豆類の加工食品がオススメ食材です。
豆類は言うまでもないかもしれませんが植物性。
ですから、それだけでなく、動物性たんぱく質もしっかり摂取してくださいね。

なお、間食と言いましたが、お菓子を食べるということではありません。
ゆで卵や野菜スティック、ナッツなど栄養のある物を選んで間食しましょう。

誰かが成功したダイエットレシピでも自分に合うとは限らない。これは、自分のタイプとその人のタイプとが違うからです。自分のタイプを把握しておけば太らないレシピが見えてくる!

この際、ハッキリ言いましょう。
デブではないけれどぽっちゃりしている。
今回はそういうタイプのお話です。

このタイプは運動が苦手な人が多く、ほとんどしていないかまったくしていないかが大半。
そして、食べる量は多め。
かつ、お菓子が好きという特徴も。

運動はできればするのがベターではあります。
が、それより何より、お菓子が問題。
お菓子はエンプティカロリーと言って、身にならないカロリーです。

カロリーを摂取するなら間食ではなく食事で!

★低脂肪な鶏肉
★噛む回数が自然と増える玄米

上記におなかがふくれやすくなる汁物をプラスすると良いでしょう。
白菜のスープやしめじのすまし汁がオススメ☆

食事をがっつり食べると太ると思いがちですが、いくら食事が軽くてもお菓子を食べてしまっては意味がありません。
お菓子を食べずに済むくらいきちんと食事をするほうが結果的に食べ過ぎずに済みます。

間食ゼロが理想。
いきなり断つのが難しいなら少しずつでも減らしていってくださいね。

誰かが成功したダイエットレシピでも自分に合うとは限らない。これは、自分のタイプとその人のタイプとが違うからです。自分のタイプを把握しておけば太らないレシピが見えてくる!

ヨガやウォーキングなどの適度な運動をこなし、野菜中心のヘルシーな食生活を心がけているヘルシータイプさん。
一見、理想的なダイエットライフに見えて、ヘルシーだと思い込んでいるだけで実際は不健康かもしれません。

野菜は確かに重要。
でも、肉が少な過ぎる食生活を送ってはいませんか?
軽くても運動をしているならたんぱく質は必須!

★低脂肪・高タンパクなイワシ
★良質なたんぱく質を持つ鶏肉

がっつりとお肉を食べることに抵抗があるなら、イワシがGOOD!
鶏肉もオススメ♪

どうしても抵抗感がぬぐえないなら、こう考えましょう。
『ダイエットのために野菜を食べるなら、肌のために肉を食べる』のだと。
たんぱく質が不足すると肌がカサカサになってしまいます。
細くなれてもシワシワガサガサの肌では美しいとは言えませんよね。
食べることも必要!

本当の意味でヘルシーな食生活を送りたいなら、全粒粉を使ったパンやパスタ・玄米などを取り入れてみてください。

誰かが成功したダイエットレシピでも自分に合うとは限らない。これは、自分のタイプとその人のタイプとが違うからです。自分のタイプを把握しておけば太らないレシピが見えてくる!

適度に運動して適度に食べている。
いわゆる健康的なタイプ。
こういうタイプはダイエットが必要ないタイプではあるものの、現状をキープしたい人や油断したくない人もいますよね。

だったら、ちょっと気をつけて太りにくい体をキープしましょう!

健康的なタイプはおそらく便秘に悩んでいないと思われます。
が、この先も便秘におちいらないよう、腸内環境を整えておくのがベター。

★腸内環境を整える発酵食品(例:キムチ)
★体を冷やさないショウガ

女性はデリケートな存在。
ですから、ちょっと体や心のバランスがくずれただけで便秘になったりホルモンバランスがくずれて血のめぐりが悪くなったりします。

ですから、予防のつもりで発酵食品とショウガの摂取を心がけてみてください。

ちなみに、発酵食品の一例にキムチを挙げたのは、このタイプの人には韓国料理が合いやすいからです。
とはいえ、納豆やヨーグルトなど食べ慣れた発酵食品があるなら、無理にキムチを食べる必要はありません。

カレンダー

2017年2月
« 1月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728