» 考え方によるダイエット効果のブログ記事

誰かが成功したダイエットレシピでも自分に合うとは限らない。これは、自分のタイプとその人のタイプとが違うからです。自分のタイプを把握しておけば太らないレシピが見えてくる!

のアスリートタイプと似ていて、よく運動をしているタイプ。
それでいて、よくは食べないタイプ。

こういうタイプはオーバーアクティブだと言えます。
運動をしっかりするのは素晴らしいけれどだからって食べないのは良くない!

確かに、しっかり運動&カロリーセーブというのはダイエットの基本です。
が。
頑張り過ぎていませんか?

頑張っているのに痩せないならそれはきっと頑張り過ぎなんです。

運動を少し減らしてもOKかもしれません。
体を動かすのが好きなら運動はそのままで食事量を増やしましょう。
特に、

★ビタミン豊富で疲労回復効果のある豚肉
★ビタミンC豊富なパプリカ

このふたつがオススメ食材。

オーバーアクティブタイプは、運動が好きな人やマジメな人に多いです。
つい頑張り過ぎてしまうわけですね。
食べることに罪悪感を覚えるタイプでもあります。
運動で脂肪燃焼するのですから、その脂肪燃焼のためのエネルギー源なんだと割り切って食事をしてくださいね。

誰かが成功したダイエットレシピでも自分に合うとは限らない。これは、自分のタイプとその人のタイプとが違うからです。自分のタイプを把握しておけば太らないレシピが見えてくる!

学生は部活に入っている人が多いですよね。
かつ、運動部に入っている人も多いと思います。

こういうアスリートタイプは、よく運動しているけれどよく食べるというパターンが多いです。

このタイプは運動をプラスする必要はありません。
「でも太っちゃう!」というのであれば、改善すべきは食生活。

とはいえ、食べ過ぎているということではなく。
むしろ、運動で使ったぶん食べて補わないとダメ。

補わないほうが痩せそうに思えてしまいますが、痩せるという行為にはエネルギーを要します。
痩せるためのエネルギーがない状態で痩せることはありえません。

ただし、何を食べるかが重要になってきます。

★良質なたんぱく質を持つ鶏肉
★栄養豊富な卵

ということで、鶏肉&卵がオススメ食材♪

運動しているのですから、お肉を食べても問題ナシ。
植物性ではなく動物性のたんぱく質の摂取が望ましく、かつ、魚より肉のほうが運動で失った栄養素を補えます。

ダイエットを頑張っているし続けているのに痩せない!そんな人にはダイエットが成功しない理由が6パターンあるそうです。

6パターンなのにどうして⑦となっているのかというと、次点、つまり、7パターンめの理由も多くの人に当てはまりそうなので紹介することにしたからです。

7パターンめの理由は「ビタミンC不足」。
ビタミンCは、肌を白くするなど美容に良い栄養素として広く知られています。

あまり知られていないことですが、ビタミンCはダイエットにも有効な栄養!

人間はホルモンというものを有しています。
体内で作られる物質=ホルモンで、色々な種類があります。

色々ありつつも上手くバランスを取っている一方でバランスがくずれてしまうことも。

そして、ホルモンバランスがくずれた時、体調が悪くなったり、ストレスを感じたりします。
ホルモンのバランスがくずれているのにストレスホルモンはしっかり分泌されて痩せにくい体になります。

さて、ビタミンCにはホルモンバランスを整える効果があります。
そういう意味でダイエットに有効なんですね。

脂肪を減らすなどの直接的な作用があるわけではなく、ダイエットのバックアップをしてくれる栄養素だと言えます。

ダイエットを頑張っているし続けているのに痩せない!そんな人にはダイエットが成功しない理由が6パターンあるそうです。

最後のひとつ、6パターンめの理由は「睡眠不足」。
睡眠とダイエット、一見関係なさそうでいて、しっかり関係あります。

空腹時間が長くなると分泌されるストレスホルモンがあることを『①』でお話ししました。
そのストレスホルモンは寝不足でも分泌される!

それだけならまだしも、食欲を増加させるホルモンまで分泌されてしまうそうです。

食欲が増加するから食べたいですよね。
でも、食べたらダイエットにならないし、けど、食べないとストレスホルモンが分泌されるし。

そんな悪循環におちいらないためにも睡眠はしっかり!

それに、寝不足だと軽い運動をしようという気も起こりづらくなります。
運動不足になってしまいますよね?

そして、寝不足で胃が痛くて摂るべき栄養が摂れなくなると、代謝が落ちる・便秘になるなどのリスクが気になってきます。

話は飛んで。
寝る前にホットミルクを飲むとよく眠れるというのは、寝つきを良くする効果を持つアミノ酸の一種・メラトニンの原料が牛乳に含まれるから。
寝つきのためにホットミルクを飲むのもアリ☆

ダイエットを頑張っているし続けているのに痩せない!そんな人にはダイエットが成功しない理由が6パターンあるそうです。

と紹介してきましたが、今回の5パターンめの理由はズバリ「運動不足」。

そんなことわかってる!と思う人もいるかも?
ですが、何も、何時間も運動しろと言っているのではありません。

運動には無酸素運動と有酸素運動とがあり、脂肪を燃焼する効果があるのは後者・有酸素運動です。
よって、有酸素運動をするに越したことはないのですが、有酸素運動をしていないからダイエットが成功しないわけではないんです。

脂肪を燃焼するのに必要なもののひとつに筋肉が挙げられます。
筋肉があるからこそ脂肪を燃やすための動きができるからです。
その筋肉をキープする程度の運動を続けることで痩せやすい体になっていきます。

例えば、エスカレーターやエレベーターを使わずに歩くようにする。
例えば、寝る前や朝起きたあとにストレッチをするようにする。
例えば、食べたらダラダラしていないですぐ食器を洗うようにする。
この程度でOK♪

理想は1日30分程度のウォーキングなので、バスや電車を1駅ぶん歩くようにするのもいいですね。

ダイエットを頑張っているし続けているのに痩せない!そんな人にはダイエットが成功しない理由が6パターンあるそうです。

ダイエッターに多いのが貧血。
もともと女性は男性にくらべて貧血になりやすいとはいえ、ダイエットすることで貧血を引き起こす人は多いんです。

食べないせいで鉄分が足りていないからね!と思ったそこのアナタ。
それもあるかとは思いますが、実は、ダイエットのために運動を頑張り過ぎている人に多いパターンだったりします。

汗をかいたら水分補給をしますよね?
少し前までは水を飲みましょうというのが通説でした。
最近では熱中症対策として水分だけではなく塩分摂取も推奨されています。

つまり、汗をかくということは塩分に代表されるミネラルを失うということ。

ハードな運動をしようともミネラルをきちんと摂取しているなら問題ナシ。
でも、運動+食事制限をしていたり、食事制限していなくてもミネラルに気をつけていなかったりでは、あっというまに貧血に!

貧血状態におちいると疲れやすくなると言われています。
せっかく頑張っていた運動が続かなくなったり、疲れて甘い物が食べたくなってガマンできなくなったり、良いことは何ひとつありません。

カレンダー

2017年6月
« 5月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930