» 食べて出来るダイエットのブログ記事

コリアンダーダイエットとは、デトックス効果に優れた野菜・コリアンダーを食生活に取り入れるというダイエットです。

コリアンダーはセリ科の植物。
乾燥させた物がスパイスとして用いられています。

スパイス状のコリアンダーを料理にinしても良いのですが、オススメは生のコリアンダー!

あまりなじみのない野菜を、それも生で料理に使うとなると、抵抗があるかもしれませんね。
でも、コリアンダーの別名ってパクチーなんですよ。

ベトナム料理やタイ料理に使われているあのパクチーです。
独特の味・香りがあるので苦手な人もいると思われますが、好きな人も多いはず。

生のコリアンダー=パクチーは以前は入手しづらかったそうです。
が、近年ベトナム料理やタイ料理が親しまれるようになり、入手しやすくなりました。

消化器の働きをサポートするコリアンダーを料理に投入すると、カロリーの高い物や油っこい物でも消化しやすくなります。
摂取した物を消化し切れない可能性が3食の中でもっとも高い夕飯に特にコリアンダーを使うようにすると良さそうですね。

コリアンダーを上手に料理に取り入れる自信がない人はコリアンダーをたっぷり使っているベトナムorタイ料理をどうぞ♪

金時ショウガダイエットとは、ショウガの中でも特に体を温める効果に優れた金時ショウガを積極的に摂取するというダイエットです。

ショウガが体を温める効果に優れているというのはそれなりに浸透していると思われます。

風邪の時にはショウガ湯を飲みますし、ショウガ入りの紅茶はダイエット効果があると言われていますし、実際、飲んでできるダイエットとして『しょうが入り紅茶ダイエット』などショウガ入りの飲み物でできるダイエットをいくつか紹介したことがあります。

飲むだけでなく、食べ物に混ぜてもOK!
そんなショウガの中でも特に「金時(きんとき)ショウガ」と呼ばれるショウガは体を温める効果に優れています。

金時ショウガはショウガ独特の辛味成分=ジンゲロールが普通のショウガのなんと4倍も含まれていて、なんとなく良いショウガということではなく数値でもはっきりと良いショウガだと示されている品種!
どうせショウガを摂取するならより良いショウガを摂取するに越したことはありません。

ショウガが体を温める効果を実感できないくらい冷え症な人はぜひ金時ショウガを試してみてください。
サプリメントや紅茶などが市販されています。

燃焼で代謝UPダイエットとは、糖分や脂肪分など溜め込むと太ってしまう物を燃焼することで溜め込まずに代謝を良くするというダイエットです。

今回は“燃焼”効果を持つ食べ物として香辛料を紹介します。

香辛料で有名なのはブラックペッパー(コショウ)ですね。
肉のくさみを消すナツメグやカレーに入っているターメリックも香辛料の一種です。
日本のシソやショウガも香辛料の仲間ですし、香辛料=からい物・刺激のある物というイメージがあるように思うのですが、なんと、バニラも香辛料の仲間!

香辛料は食べ物のうまみを引き出すため、一歩間違うと食欲を増加させてしまいます。
が、香辛料が入っていない食べ物よりも香辛料が入っている食べ物を摂取したほうが脂肪を燃焼しやすくなります。

これは、香辛料を摂取することで、興奮作用をもたらすアドレナリンというホルモンが分泌されるからです。
そして、冷静な状態より興奮している状態のほうが脂肪は燃えやすい!

ただし、どんな香辛料でもOKなのではなく、トウガラシの成分・カプサイシンがアドレナリンの分泌をうながすように、からさや苦さなどの刺激を持つ香辛料に限りアドレナリンを分泌すると思われます。

燃焼で代謝UPダイエットとは、糖分や脂肪分など溜め込むと太ってしまう物を燃焼することで溜め込まずに代謝を良くするというダイエットです。

今回は“燃焼”効果を持つ食べ物として低脂肪牛乳を紹介します。

リバウンドを防ぐため、そして、効率良くダイエットをするためには最低限必要な筋肉量が決まっています。
ところが、筋肉を鍛える効果のあるダイエットをするならともかくとして食事をコントロールするダイエットでは筋肉量が落ちてしまいがちです。

どれくらい筋肉量があればいいのかを考えるのではなく、現在の筋肉量を落とさず、かつ、足りていないなら増やすことを考えるほうが難しくありません。

以前にも『食前低脂肪牛乳ダイエット』にて低脂肪牛乳を取り上げたことがありますが、筋肉を維持ないし発達させるのに必要な栄養素=たんぱく質、脂肪を抑えてたんぱく質を摂取できる食品=低脂肪牛乳☆

余裕があれば、腹筋など気になる部位を引き締めつつ筋肉を鍛えられる運動を取り入れるとなお良いでしょう。
それが難しいなら、低脂肪牛乳を摂取してダイエット中でも筋肉が落ちないように努めてください。
食前に飲むのがタイミング的にはベスト!

燃焼で代謝UPダイエットとは、糖分や脂肪分など溜め込むと太ってしまう物を燃焼することで溜め込まずに代謝を良くするというダイエットです。

今回は“燃焼”効果を持つ食べ物としてコーヒーを紹介します。

コーヒーと言えばカフェインを含む飲み物の代表格。
そして、カフェインは眠くなりにくくなるor目が覚めるという効果が有名ですね。

カフェインは他にもダイエットに有効な効果を持っています。

ひとつめ。
脂質代謝促進効果。

カフェインは自律神経を刺激する効果を持っているため、自律神経の働きが活発になります。
自律神経の働きが活発になると、摂取した脂質の燃焼がスムーズになる!

ふたつめ。
食欲抑制効果。

食前にコーヒーを飲むことで食欲が落ち着いたという実験結果があるそうです。
食べ過ぎるから燃焼し切れない。
裏を返せば、食べ過ぎなければ燃焼し切れるということですよね。

食前も食後もカフェインを摂取したほうが効果を実感しやすいようです。
カフェインを含む飲み物はコーヒーだけではありませんから、コーヒー以外の飲み物でも良いと思います。

ただし、カフェインがダイエット効果を持つからといってコーヒーに砂糖をたくさん使ってしまっては無意味!

燃焼で代謝UPダイエットとは、糖分や脂肪分など溜め込むと太ってしまう物を燃焼することで溜め込まずに代謝を良くするというダイエットです。

今回は“燃焼”効果を持つ食べ物としてショウガ&ニンニクを紹介します。

ショウガ&ニンニクはサポート食材として燃焼に貢献してくれます。
燃焼させるためにショウガ&ニンニクをメインで食べろということではなく、メイン食材にショウガorニンニクをプラスするだけでOK!

例えば、ステーキを食べることになったとします。
その際、ショウガorニンニクを使ったソースを選ぶと、消化が促進され、消化し切れなかったステーキが脂肪として溜め込まれるのを防ぐことが可能になります。

そもそも、ショウガもニンニクも体を温める効果を持つ食べ物。
体を冷やす食べ物を食べたとしてもショウガorニンニクを一緒に摂取するだけで体を冷やすのではなく温めることになるくらい、その温め効果は強力です。

人間の体は冷えている状態よりも温かい状態のほうが代謝が良い。
つまり、単純に考えると、体が温かい状態のほうがカロリーないし脂肪を燃焼できるんです。

ショウガ&ニンニクはさまざまなメニューにプラスしやすいという点もメリットですね。

カレンダー

2017年6月
« 5月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930