» 飲んで出来るダイエット法のブログ記事

もろみ酢ダイエットとは、もろみ酢を1日あたり30mlほど飲むというダイエットです。

柿酢ドリンクダイエット』で柿を酢に漬け込んだ柿酢を紹介しました。
特に酢の指定をしなかったのですが、御家庭にあるお酢はおそらく穀物酢や米酢だと思われます。
柿酢などダイエット向けのお酢を作る場合、それでなんの問題もありません。

でも、ダイエット酢を作るのが面倒ならストレートで飲めてその上米酢の20倍ものアミノ酸を含んでいるもろみ酢はいかがでしょうか?

アミノ酸には脂肪を燃焼しやすくなるという嬉しいダイエット効果があります。
つまり、アミノ酸は豊富に含んでいるほうがダイエット効果が高いと言えます。

もろみ酢を飲むタイミングは食後がオススメ。
酢の酸味は胃に負担を掛けることがあるので、空腹時は避けたほうが無難です。
毎食後に飲むとしたら、1日あたり30ml程度ですから1食後あたりは10ml程度飲めばOKですね。

飲めば飲むほど痩せる魔法の飲み物というわけではないので、1日に30ml以上飲むことはオススメできません。
ただ、長期間飲み続けることによってリバウンドしにくい体になっていくと考えられるため、なるべく長期間継続飲用しましょう。

柿酢ドリンクダイエットとは、柿酢を飲むことで代謝を良くするというダイエットです。

柿酢。
あまり聞き覚えがないかもしれません。
柿を酢に漬け込んだお酢で、柿の名産地などで親しまれています。
韓国でもポピュラーなようですね。

お酢にはダイエット効果があるということでこれまでも色々なお酢を紹介してきました。
柿酢の場合、お酢と柿を組み合わせることで代謝を良くする効果がパワーアップするため、お酢だけ、ないし、柿だけを摂取するよりも効率良く代謝をアップできます。

ちなみに、

・むくみ改善・予防効果のあるカリウム
・ポリフェノールの一種タンニン

が、柿のダイエット成分♪

柿を酢に漬けて発酵させることが重要!
ですので、熟した柿を使ったほうがより良い柿酢になります。
柿1個に対して200~300mlのお酢を使ってください。
また、柿はへた・種・皮を取り除いておきます。

発酵させるため、容器に柿&お酢を入れたあとは冷蔵せずに常温保存して一晩置きます。

そうしてできあがった柿酢は“原液”なのでそのまま飲まないように注意!

水や炭酸水で10倍程度に薄めて飲みます。
砂糖やハチミツを加えても良し☆
もちろん、加えるとカロリーは上がります。

キャンドルブッシュティーダイエットとは、頑固な便秘にも効果があると言われているキャンドルブッシュティーを適度に飲むというダイエットです。

キャンドルブッシュとは黄色い花を咲かせるマメ科の植物のことです。
すなわち、キャンドルブッシュティーは自然の物を利用した純然たるお茶ということ。

しかしながら、キャンドルブッシュティーには便秘薬にも引けを取らない強力な便秘解消効果があるんです。

ですから、便秘薬に頼ろうかなでも薬は嫌だな…と思ったらキャンドルブッシュティーを試してみてはどうでしょうか。
あくまでもお茶ですから気軽に試せるのが強み!

ですが、強力過ぎて便秘解消を通り越して下痢になってしまってはもともこもありません。
体重が減ったとしても常におなかの調子が悪いのだったらダイエットに成功したとは言えませんしね。

ところが、キャンドルブッシュティーのクチコミをチェックしてみると、下痢をするわけではないようです。

おなかがゆるくなるわけではない、けれど、出る。
とのことなので、頑固な便秘に限らず無自覚な便秘や知らず知らず残ってしまっている排泄物を出す効果があると言えるでしょう。

プーアール茶ダイエットとは、便秘解消効果と脂肪分解効果を持つプーアール茶を普段の飲み物に置き換えるというダイエットです。

以前にもプーアール茶でのダイエットを紹介したことがありますが、その際には脂肪分解効果しか着目しなかったため、改めて便秘解消効果も持つ点を含めて紹介します。

プーアール茶には便秘解消と脂肪分解というダイエット的に嬉しい2大効果が!

しかも、プーアール茶の場合、『ドクダミ茶ダイエット』で紹介したドクダミほど強力な便秘解消効果ではないため、飲むことでおなかがゆるくなってしまうという心配はせずに済みそう(もちろん、下痢になってしまったら飲むのをいったん中止するなどの配慮は必要です)。

そして、食べ物に含まれている脂肪を分解するので、油っこい食べ物を食べる時にプーアール茶を飲むようにすれば脂肪を溜めこまずに済みます。
また、長期的にプーアール茶を飲むことで体内の脂肪こと体脂肪をも分解できると言われています。

ドクダミ茶より味もにおいも飲みやすいというのもオススメポイント☆
ただ、ドクダミ茶のほうが安価かもしれません。
プーアール茶の場合、品質が良い代わりに効果な物もあります。

ドクダミ茶ダイエットとは、整腸作用と利尿作用に優れたドクダミ茶を普段の飲み物に置き換えるというダイエットです。

ドクダミ茶は古くからあるお茶で民間療法では薬と同じ扱いを受けていました。
健康に良いお茶として知られていると思われます。

ではドクダミの何がそんなに健康に良いのかというと、整腸作用と利尿作用に優れている点!

ドクダミに含まれているクエルシトリンという成分が、

*腸の働きをうながして便秘解消&便秘予防
*利尿作用によって尿の回数をふやしてむくみ解消&むくみ予防

更に、血圧を下げたり安定させたりする効果まであり、まさに健康茶☆

ドクダミ茶の利尿作用は膀胱炎を治すと言われているほどなので日ごろから尿の回数が多い人は飲み過ぎないように注意。
おなかがゆるくなりやすい人も要注意。

普段の飲み物に置き換えることが摂取過多になるようなら、1日1~3回飲むなど飲む回数や量を決めれば大丈夫ではないでしょうか。

ところで、ドクダミって独特なにおいがしますよね。

あのにおいが苦手なら、お茶を煮出す時間を短くしてみてください。
長く煮出せば煮出すほど味も独特になるため、慣れないうちは薄めのドクダミ茶がいいかもしれませんね。

ローズマリーティーダイエットとは、腸内のガスを出す効果があるローズマリーティーを普段の飲み物に置き換えて飲むというダイエットです。

ローズマリー風呂ダイエット』にてローズマリーというハーブを紹介したことがありますが、ローズマリーは入浴剤代わりに使えるだけでなくお茶として飲むこともできます。
腸内のガスを出す効果があると言われているので、便秘やガスが溜まっているせいで下腹がぽっこりしてしまうタイプの人に向いているお茶です。

少々刺激の強い香りなのが難点と言えば難点でしょうか。
強い香りが苦手だと飲みにくいと感じるかもしれません。
香りの割には味はクセがないので飲みやすいのですが。

新陳代謝を良くする効果もあると言われており、飲み続けることで痩せやすい体へと変えていけるのではないでしょうか。
もっとも、ローズマリーティーを飲み続けると同時に適度な運動をするなどの努力も重ねないと効果を実感しづらいと思います。

香りが頭をスッキリさせてくれるので、朝に飲むのに向いています。
普段の飲み物に置き換えると言っても、眠りが浅い人は夕飯時や就寝前の飲み物にしないほうが良さそうです。

カレンダー

2017年3月
« 2月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031