» モノを使うダイエット方法のブログ記事

9

 

ハーバード大学で研究された「皮膚そのものや血流には一切影響を与えず、脂肪細胞内の脂肪だけを凍らせて脂肪細胞を破壊する」という新しい技術のこと。破壊された脂肪は自然に代謝・排泄され、その結果、皮下脂肪の厚みも減る。使用するマシンは、吸引式とパット式の二種類があり、最先端の痩身マシンとして、海外セレブやTVメディアで注目を浴びている。

 

脂肪を結晶化して減少させる

水は0℃で凍るが脂肪は水より高い温度(約4℃)で凝固するといった原理を利用して皮膚や血液には全く影響を与える事なく、脂肪を結晶化して減少させる。

 

新陳代謝プロセスにより体外へ排出させる

冷やされた脂肪細胞で不要となった細胞が自ら死滅し、新陳代謝プロセスにより体外へ排出されるといったプロセスを繰り返すことにより、脂肪を減少させる。

 

リバウンドの心配が無い

脂肪細胞を燃焼させ小さくさせるのではなく、減少させるためリバウンドの心配がない。

 

施術直後より通常の生活が可能

メスを使わず、痛みも無い施術な為、ダウンタイムがなく施術直後より通常の生活が可能。

 

 

着圧ダイエットとは、靴下・カラータイツ・ストッキングなど毎日使うアイテムを着圧効果のある物にするというダイエットです。

着圧とは身に着けた際に掛かる足への圧力という意味です。
圧力が掛かってどんなメリットがあるのでしょうか?

実は、圧力が掛かることでむくみの予防・改善になるんです。

人間の足は1日の終わりには多かれ少なかれむくんでいます。
でも、着圧アイテムを身に着けていればむくみを最小限に抑えることができますし、寝る時に使用できる着圧アイテムを使えば起きた時にはむくみが改善できます。
むくんでいるよりはむくんでいないほうが足は細く見える!

けれど、足痩せ効果に期待はできてもダイエットとまではいかないような…?

大丈夫です。
着圧アイテムの中には履いて歩くだけでカロリーを消費する物があります。
運動としてのウォーキングではなく日常的な歩く動作でカロリーを消費できるのですから、長い目で見れば楽ちんなダイエットになります。

通学時にはハイソックスタイプ、通勤時にはストッキングタイプ、プライベートではカラータイツタイプ、寝る時には寝ながら履けるタイプ…と、シーンに応じて着圧アイテムを使いわけてむくみ知らず☆

「巻くだけダイエット」ダイエットとは、ゴムバンドもしくは代用品を骨盤周辺に巻くことで骨盤を矯正して痩身効果を得るというダイエットです。

「巻くだけダイエット」は骨盤矯正タイプのダイエットであると同時に、カイロプラクター・山本千尋さんが書いた本でもあります。
付録としてゴム製のバンドがついており、本の中ではそのバンドを使用した骨盤矯正法が紹介されています。

骨盤矯正は厳密にはダイエットではないのですが、骨盤矯正にしてもダイエットにしても体重が落ちる効果がある点は同じです。
その代わり、骨盤がゆがんでいなければ骨盤を矯正しても体重が落ちたりウエストまわりが細くなるといったダイエット効果は得られません。

道具を使わずとも骨盤矯正できるエクササイズは多々あります。
が、そういったエクササイズよりもゴムバンドを巻くだけで済む「巻くだけダイエット」のほうが手軽だと魅力的に思った人が多いようで、本がヒットしました。

付録のゴムバンドでないと効果が得られないということはなく、ストッキングなど伸縮性のある物で代用してOK!
また、web上で巻き方の一例が紹介されているので本を買う前に試してみることもできそうです。

冷えピタダイエットとは、「冷えピタ(もしくは、「熱さまシート」)」などの名称で呼ばれている発熱時に使用する湿布のような物を使って『褐色脂肪』を刺激するというダイエットです。

人間には『褐色脂肪』と呼ばれる脂肪組織が点在しています。
この褐色脂肪に冷やすという刺激を与えると、褐色脂肪部分しか冷えていないにも関わらず、脳は全身が冷えていると思い込みます。
そして、冷えを解消するべく、熱を放出する指令を出します。
この指令により、脂肪が燃焼されます。
つまり、ダイエット効果を得られるのです。

褐色脂肪がある主な場所は、首すじ・肩甲骨の周辺・腰のあたりです。
これらに冷えピタを貼るだけで冷えピタダイエットになります。
わきの下にもあるのですがわきの下を冷やすと腕の血行が悪くなることがあるのでわきの下は避けるのが無難です。

なお、捻挫などのケガの治療に用いる湿布ではなく熱を下げるために使う湿布を使うようにしてください。
治療に用いる湿布には薬が含まれているため、ダイエットに用いるのは不向きです。

かぶれる可能性がなくはないので、皮膚が弱い人は注意してください。

補正下着着用ダイエットとは、補正下着と呼ばれる下着を身につけてウエストシェイプやヒップアップ効果を得るというダイエットです。

体重を落とせば理想のボディになれるのかというとそうとは限りません。
ウエストのくびれやキュッと上がったヒップなどは体重を落としただけでは手に入れられないケースもあります。
それを補正下着を身につけることで文字通り補正するのが補正下着着用ダイエットです。

補正下着にも色々ありますが代表的な物はガードルやボディスーツと思われます。
特に、ガードル。
ガードルは、ヒップアップ効果に特化した物やぽっこりした下腹を押さえ込んでくれる物や太ももを引き締めてくれる物など種類が豊富です。
1枚で複数の効果を持っている物もあります。
補正下着の中では比較的安価というメリットも。

補正下着全般が持つメリットもあります。
それは、食べ過ぎを防いでくれるというメリット。

補正下着はいずれもからだにフィットする作りです。
そのため、食べ過ぎると苦しくなります。
自然と食べ過ぎ防止になりますし、普段より少ない食事でやめておくことも可能となるかもしれません。

最近では総レースやチェックなど可愛い補正下着が増えています。

食前ハミガキダイエットとは、食事の直前に歯を磨くことで食欲を減退させるというダイエットです。

歯を磨いた直後に何かを食べたことはありませんか?
ハミガキ粉のミントの風味が残っているうちに食べ物を食べると味が混ざり、はっきり言って美味しくはありません。
ミント味のチョコやアイスのチョコミントは普通に美味しい物ですが、ハミガキ粉の風味では美味しくはならないのです。

それを逆手に取ったダイエット法が食前ハミガキダイエットです。

あえて食事の直前にハミガキをすることで食欲を抑制し、その後の食事で食べ過ぎてしまうのを防ぐというわけです。
食欲を上手くコントロールできない人向けのダイエットと言えます。

それと、ハミガキをしたあとはなんとなく食欲が落ち着いたり「食べるのをやめておこう」といった意識が芽生えたりします。
小腹が空いた時にハミガキを行うことで間食をせずに済む効果も期待できそうですね。

普通のハミガキ粉ではなくチョコレートや果物のフレーバーのハミガキ粉を使ってみてもいいかもしれません。
食べたい気持ちをハミガキ粉のフレーバーで満足させるという作戦です。

ダイエットと虫歯予防ができて一石二鳥ではないでしょうか。

カレンダー

2017年6月
« 5月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930