» モノを使うダイエット方法のブログ記事

スパイラルテープダイエットとは、「スパイラルテープ」という名前のテープを指に巻くことでからだのゆがみを改善するというダイエットです。

スパイラルテープはもともとはスポーツ選手向けに開発された物です。
からだがゆがんでいるよりも整っているほうがスポーツにおける良い結果が出せると考えられています。
からだが整っているということは筋肉のバランスが整っているということ。
筋肉のバランスを整えるためには指にあるツボを刺激すると良い。
というわけで、指にあるツボを刺激するためのテーピング療法だったのです。

その後、ダイエットに応用ができるのではないかとスパイラルテープダイエットが広まりました。
からだのゆがみは代謝のダウンに繋がり、からだのゆがみ改善は代謝のアップに繋がりますからね。

~スパイラルテープの巻き方~
1)スパイラルテープを5ミリほどの幅になるように引き裂く
2)爪の下あたりから指のつけ根に向かってきつめに巻いていく

きつめに巻くのがポイントではあるのですが血が止まらないように注意してください。
巻く指ですが、

人差し指→二の腕
中指→ウエスト・おなか
薬指→下腹・ヒップ
小指→太もも

に効果があるそうです。

ストレッチスリッパダイエットとはダイエット用に開発されたスリッパを履くというダイエットです。

ダイエット用に開発されたスリッパといってもそんなに大袈裟な物ではありません。
健康サンダルの仲間のような物で、かかとからつま先にかけて9度の傾斜があるのが特徴です。
かかとよりもつま先部位のほうが高くなっているのです。

傾斜があるということは、このスリッパを履いていると坂道をのぼっているのと同じ姿勢をキープできるということです。
普段から坂道をのぼり続けているならともかく、そうでないなら、普段使っていない筋肉を鍛えることが可能となります。
すなわち、代謝がアップします。

また、下半身の筋肉を鍛えることになるため、ヒップアップ効果や太もも引き締め効果があると言えます。
傾斜が足首に効き、足首もキュッと締まります。

室内でスリッパを履いていればいいだけなので、続けやすいのも大きな魅力です。
が、普段運動をまったくしない人がいきなりストレッチスリッパを長時間履き続けるのはオススメしかねます。

最初は5分くらいからスタートし、慣れてきたら時間を延ばしていきましょう。
テレビを見ながら30分~1時間など“ながら”でも構いません。

天然塩ダイエットとは、天然塩を使ってマッサージするというダイエットです。

体重は落ちたのに手足があまり細くならない。
そんな時にうってつけなのがこの天然塩ダイエットです。
塩の粒がスクラブ代わりとなって肌のくすみやざらつきを解消できるという美肌効果も。

天然塩をもみ込むようにマッサージすることで血行が良くなり、発汗し、老廃物を排出させることが可能となります。
また、塩には引き締め効果があるため、気になる部位をキュッと引き締めてくれます。
むくみ予防・改善も期待できます。

手足だけでなくウエストや下腹部分に行ってもOK!
ただ、皮膚のやわらかい場所に塩をもみ込むと刺激が強過ぎる可能性があります。
皮膚の弱い人は注意しつつ行い、皮膚が弱くなくともヒリヒリするようなら即中断しましょう。
卵白に塩を混ぜた物を使用すると塩よりもマイルドになります。
それと、小さくとも傷がある場所に塩をもみ込んでしまうとしみるので傷がある場所は避けてください。

使用する塩の目安は気になる部位1か所につき大さじ1杯くらい。
市販のボディスクラブに塩入りの物があるのでそういった物を利用しても良いとは思いますが、天然塩を使うほうが安上がりです。

アルミニウムダイエットとは、アルミニウムでできている1円玉を手と耳のツボに貼るというダイエットです。

金属は磁気というものを帯びています。
金属ではありませんが人間も磁気を帯びています。
人間の場合、磁気のバランスと体調は関連があり、体内の磁気のバランスが崩れると体調も崩れ、体調が崩れると体内の磁気のバランスが崩れると言われています。
また、むくみやすい人や冷え症の人は磁気の流れが悪いそうです。

そして、アルミニウムという金属には磁気のバランスを整える力があります。
そのアルミニウムをツボに貼ることで磁気のバランスを整えると、代謝が良くなります。
そこで、身近にあるアルミニウムであり貼りやすいサイズである1円玉を利用します。

~1円玉を貼る場所~
耳→耳の穴の顔側の出っ張り(軟骨)部分
手→親指のつけ根と中指のつけ根が交差するあたりの手の平

貼りつける道具ですが、バンソーコーやメディカルテープを使って貼ってください。
セロハンテープだとかぶれやすいと思われます。

半日ほど貼りつけておくことでダイエット効果が現れるようですが、かぶれた場合は即中断しましょう。
皮膚が弱い人はよく気をつけた上で行ってくださいね。

カレンダー

2017年10月
« 9月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031