» 部分痩せの方法のブログ記事

美脚プログラムエクササイズとは、美脚効果のあるエクササイズ各種を一定期間続けて美脚になっていくという部分痩せです。

美脚には遠い、いわゆる、残念な脚。
どうして残念になってしまうのでしょうか?

生まれつき?
いいえ、そんなことはありません。

生まれたばかりの赤ちゃんの足はO脚で2歳ごろまではそれが普通ですが、3歳ごろは逆にX脚気味になり、それからだんだんとまっすぐになっていくものなのです。

つまり、残念になってしまうのには後天的な理由がある!

【理由①筋肉不足】

モデルさんの脚が良い例で美脚には意外と筋肉がついています。
かといって、筋肉がつき過ぎていても駄目で不足しない程度に適度な筋肉がベスト。

運動部の経験者など一部の筋肉だけが発達している人もいると思いますが、女性はどちらかというと筋肉のない脚をしている傾向にあります。

【理由②むくみ】

1日の終わりには誰しも脚がむくんでいます。
しかし、むくみの程度には個人差があって、自覚の有無もあります。
なお、むくんでいる脚よりもむくんでいない脚のほうがスッキリとして見えます。

自覚があってもなくてもむくみケアをするべし!
むくみはセルライトの原因にもなります。

美脚プログラムエクササイズとは、美脚効果のあるエクササイズ各種を一定期間続けて美脚になっていくという部分痩せです。

細いだけでなく、まっすぐなだけでなく、メリハリのある脚こそが美脚という話をしましたね。

でも、その“メリハリ”はどのくらいあればいいのでしょうか?

太もも:ふくらはぎ:足首=5:3:2
これが理想的なメリハリこと脚のバランスだそうです。

ということはつまり、自分の足のサイズを測ってみて(ちなみに、一番太い部分=自分のサイズです)、そのサイズが5:3:2になるようにサイズダウンさせれば理想的なメリハリになるわけですね。

この、5:3:2という理想的なメリハリ(バランス)には自分の脚がどんな脚かという目安にもなります。

例えば、6:4:3というバランスだったとします。
この場合、太もももふくらはぎも足首もサイズダウンさせる必要がありますね。
また、例えば、6:3:2というバランスだったとしたら、太ももさえサイズダウンすれば理想的な美脚になれるわけです。

自分の脚のバランスを把握すると、どこを細くすればバランスが良くなるかが見えてくるということ!

美脚プログラムエクササイズとは、美脚効果のあるエクササイズ各種を一定期間続けて美脚になっていくという部分痩せです。

股関節も美脚を作る上で重要なパーツだという話をしましたが、その股関節と脚全体を使ういかにも美脚になれそうなエクササイズを紹介します。

①背すじを伸ばして立つ

②手は腰に当ててバランスを取る

③つま先を伸ばすようにして左足をナナメ前方へ

④ナナメ前方から左方向へ向かって、つま先をスライドさせる

⑤左側まで来たら、半円を描くようにして左後方へスライド

⑥左後方へ来たら、半円を描くようにして左側へスライド

⑦左側から左ナナメ前方へスライド

⑧3~7の動きを5セット

⑨次に、つま先を伸ばすようにして右足をナナメ前方へ

⑩ナナメ前方から右方向へ向かって、つま先をスライドさせる

⑪右側まで来たら、半円を描くようにして右後方へスライド

⑫右後方へ来たら、半円を描くようにして右側へスライド

⑬右側から右ナナメ前方へスライド

⑭9~13の動きを5セット

長い説明の割にやっていることは足をコンパスのように動かすという実に簡単な動きです。

つま先を伸ばす際、かかとをほんの少し浮かせるとスムーズに足をスライドさせることができます。

美脚プログラムエクササイズとは、美脚効果のあるエクササイズ各種を一定期間続けて美脚になっていくという部分痩せです。

細くてまっすぐな脚が美脚!

と思いきや。
真の美脚は、細くてまっすぐででも『メリハリがある』脚だそうです。

女性らしく出ているところは出ていて腰はくびれている、そんな峰不二子みたいな(?)体型のように脚もメリハリがなければ美しく見えないということでしょうか。

では、脚にメリハリをつけるエクササイズを取り入れましょう☆

①背すじを伸ばして立つ

②手を腰に当ててバランスを取りやすくする

③かかとをくっつけつつ、つま先は120度くらいに開く

④上半身はそのままで、膝を曲げていく

⑤4秒使って膝を曲げる

⑥腰を下げたら、4秒使ってもとに戻る

⑦ヒップに力を入れ、左右の膝を寄せる

⑧膝と膝&左右かかとをくっつけて離さないようにしながらつま先立ちして4秒キープ

⑨4秒で曲げる→4秒で戻る→つま先立ち4秒を×10セット

上半身は動かさないように注意しながら膝の曲げ伸ばしをしてください。
上半身が動いてしまうと重心も動いて脚にゆがみが生じてしまいます。

膝をよく動かす一方でヒップの筋肉を使い、それによって脚にメリハリが出ます。

美脚プログラムエクササイズとは、美脚効果のあるエクササイズ各種を一定期間続けて美脚になっていくという部分痩せです。

適度に細くて適度に筋肉があって適度にまっすぐな脚・美脚。
そういう美脚を作るエクササイズというからには太ももやふくらはぎや足首など足のパーツを鍛えるイメージがあります。

が。
股関節も美脚を作る重要なパーツなんです。

股関節が硬くなくて、股関節周辺に筋肉がある。
それによって骨盤や脚にゆがみが生じにくくなります。

①背すじを伸ばして立ち、手を腰に

②バランスを取りつつ、右足を上げて左足だけで立つ

③右足の裏を左膝の横にくっつける

④右足をずらし、左膝裏に右足首をくっつける

⑤2~4を5セット

⑥バランスを取りつつ、左足を上げて右足だけで立つ

⑦左足の裏を右膝の横にくっつける

⑧左足をずらし、右膝裏に左足首をくっつける

⑨6~8を5セット

美脚のための部分痩せエクササイズはそれなりにある一方で、股関節のエクササイズはあまりありません。
股関節も意識して美脚に近づきましょう!

なお、体が硬い人は股関節も大抵硬いです。
血行が良くなっている御風呂上がりにこのエクササイズをして股関節をほぐしてくださいね。

美脚プログラムエクササイズとは、美脚効果のあるエクササイズ各種を一定期間続けて美脚になっていくという部分痩せです。

日本人女性はO脚が多いと言われています。
正座がO脚の原因という説もあるのですが、現代人は正座をする時間が減っていますから、正座をしてはいけないということではないと思われます。

ただ、O脚にならないように気をつけてはおきたいですよね。

そこで、O脚の予防改善効果がある美脚エクササイズを取り入れます。

先に言うと、太ももの外側を鍛えるエクササイズです。
太ももの外側を鍛えることがO脚をまっすぐな脚にすることに繋がります。

①背すじを伸ばして立ち、足をクロスさせる ※右が前

②腰から曲げるイメージで上半身を倒す

③可能な限り倒したらそのまま10秒キープ

④上半身を起こしてリラックスする

⑤再度背すじを伸ばし、足をクロスさせる ※左が前

⑥腰から曲げるイメージで上半身を倒す

⑦可能な限り倒したらそのまま10秒キープ

ただ上半身を倒すだけでなく足をクロスさせてから倒すことで太ももの外側が伸びるはずです。
エクササイズでありつつストレッチでもあるので、美脚エクササイズの前後にやってみても良いでしょう。

カレンダー

2017年10月
« 9月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031