» 恋を呼ぶテクのブログ記事

料理が上手な女性と下手な女性。
この点だけ見れば男性は料理上手な女性を選ぶと思います。
でも、料理上手だからといって愛され女子になれるとは限りません。

なぜなら、男性にとってベストな味は“お母さんの味”だから!
どんなに料理が上手でもお母さんの味と少しでも違うと良い評価に繋がらないことがあるんです。

貴女の手料理に慣れるまでは文句も少ないはず。
でも、親密になればなるほど料理に文句を言われるかも…。
そうなってくると、手料理がケンカの原因になることもありえます。

いっそ、手料理なんか作らないほうがマシ?
でも、料理ができることは好印象。
できるに越したことはありません。

そこで、彼の好きな料理のみを作るようにしましょう☆

彼の好きな料理といっても、リクエストを受け付けるわけではなく。
彼が好きで、かつ、甘いとか辛いとか味がはっきりしている2~3種類の料理のみ頑張るようにします。
この料理に関してはお母さんの味とくらべられようとも彼の好みに近づくように!

こうすることで料理に文句を言われることもそれが原因でケンカになることも防げます☆
料理が苦手でも決まったメニューだけ頑張ればいいわけですし。

危険な近道よりも安全なまわり道を通ったほうが結果的に早く着きます。
着実なルートを通ることって大事!

恋愛だってそうです。
時間が掛かっても段階を踏んだほうが上手くいくことが多いんです。

じゃあ、どんな段階を踏めばいいのかという話になりますね。

第一段階は、女友達を作ること。
第二段階は、小さなグループを作ること。
第三段階は、男友達を作ること。
これらの『段階』は一見恋愛と関係ないように見えて、深く関わっています。
どういうことかというと、

*単独行動をしないことで注目を集める
*人脈を増やすことで出会いのチャンスを増やす
*恋愛のサポートをしてもらえる

つまり、一人で行動するよりも恋愛に有利に働くということ。

ここでプッシュしたいのは、男友達を作ること。
男友達の友達でも友達の友達でも知り合いでもなんでも、その中に“本命の彼”がいるかもしれませんから。
それに、男友達の反応を見れば「異性はこういうことを喜ぶor嫌がる」なんて情報収集ができちゃいます☆

ただし、男友達に媚びるのはやめましょう。

誰にでもいいから愛されたいわけではなく自分だけを愛してくれる人に愛されたいんですよね?
だったら、友達は友達として接するべきです。

最初に断っておくと、付き合っている彼がいる人向けのテクニック、それも、彼の気持ちがいまいち見えない時や浮気の可能性がある時用です。

まず、ホテルに行くデートをセッティングします。
この時、デートの日を必ず“彼の休みの前日”にします。
土曜日が休みの人なら金曜日にするということです。

ホテルに着いてから、休憩するのではなく宿泊することを提案します。

翌日休みなのに宿泊を渋るようなら、渋る理由を追求しましょう。
理由がはっきりしない人や理由を言うのにしどろもどろになる人は怪しいです。
浮気をしているかもしれません。

エッチのあとにさっさと帰ろうとする人も言うまでもなく怪しい!
怪しいというか、残念ながら、あなたが本命ではないかも…。

それと、最初からお泊まりデートを提案してしまうとスケジュールを調整されてしまうかもしれません。
仕事の調整をしてくれるならともかく浮気相手との調整をされたら困るので、お泊まりについては伏せておきましょう。

それから、お泊まりをすることになったあと、エッチをしないで一晩乗り切るという作戦もあります。
エッチできなければ意味がないのか、エッチ抜きでもあなたが大切なのか。
本心が見えるはず。

恋愛は両想いがゴールでしょうか。
違いますよね、両想いになったカップルが別れないかというとそんなことは決してないわけで。

結婚のことをゴールインと呼ぶことがあるように、結婚しない限りはゴールを迎えないのだと思います。
まあ、結婚しても離婚する可能性もゼロではないのですが…。

そういうわけで、両想いになっても油断はできません。

両想いにありがちな落とし穴は、『ベッタリし過ぎる』こと。
恋人にベッタリする傾向は男性よりも女性に多いです。

好きな人のそばにいたいという気持ちはよーくわかります。
わかりますが、ちょっと冷静になりましょう。

いつもいつでも一緒にいたら新鮮さが失われます。

新鮮さは恋愛を長続きさせるために必須です。
男性は新鮮さが失われると途端に気持ちが冷めることがありますから。

男性は、「追われたら逃げたくなる」という本能が女性よりも強く残っていると言われています。
つまり、あまりにも「好き!」と迫られると逃げてしまうんですね。
「自分に惚れている」という自信が浮気に繋がることさえあります。

あえて会わない時間を作ったほうが恋が長続きしますよ。
「逃げられると追いたくなる」という本能も男性のほうが強い!

片想いの段階で恋愛を進展させるのはそう簡単なことではありません。
片想いだと話したこともない人を好きになるケースだってありますよね?
その場合、相手との距離を縮めるのは至難のワザ。

そんな時には、慌てず騒がず情報収集から!

勇気を出して話し掛けてみるという選択もあるにはありますが、上手くいく可能性ははっきり言って低いです。
あなただって話したこともない人に話し掛けられたらびっくりするはず。
情報収集をすることで相手との距離を縮めてから話し掛けるほうが確実です。

では、具体的にどんな情報を集めるのか?

趣味・好きな物事・興味のある事柄
通学(通勤)に使っている電車のルート
通学(通勤)に使っている電車の車両
通学(通勤)の時間帯
部活・バイト・習い事・塾
休日によく行く場所

などなど。
自分で可能な限り追跡したり、片想いの相手の友達から聞き出したりしましょう。

ちょっとストーカーっぽいかも…?
いえいえ、執拗につきまとったりしなければ大丈夫です。

情報収集をすると、例えば、通学時の電車の時間帯や車両を合わせることが可能になります。
あとは、視界に入るようにする!

こんな風に「見ず知らずの人」という段階をクリアしていきましょう!

ちょっと仲良くなってきたけどまだ告白したり付き合い始めるような仲ではない。
そんな仲を進展させるのにはボディタッチが有効です。

女性が男性のネクタイを直してあげて男性のほうがドキドキしている。
ドラマの1シーンにありがちな光景ですよね?
ドラマは作り話ですが、女性が急接近することで男性がドキドキするのはウソではありません。
男性はボディタッチに弱いものなんです。

もっとも、ボディタッチにはリスクもあります。

ボディタッチを行うには、ある程度は信頼関係が築けていることが大前提!
たいして親しくもないのにボディタッチを行うと、馴れ馴れしいと嫌悪感を抱かれるのがオチです。

ボディタッチの目的は『自分を意識させること』。
なのですが、“ちょっと気になる人”がボディタッチを行うから意識するようになるのであって、何とも思わない人にボディタッチをされても恋愛は進展しません。

ただ、「相手も自分のことが気になるのかも…?」となんとなくわかる時ってありますよね。
そういう時は勇気を出してボディタッチを実行してみてください。
恋愛が進展するはず!
仮に何もなかったとしても、告白するわけではないのでダメージは少ないと思われます。

カレンダー

2017年10月
« 9月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031