» 佐伯チズさん式スキンケアのブログ記事

サイドメニューとしてもメインメニューとしても美味しいサラダ。
しかも美肌効果があるなら嬉しいですよね。

~カボチャサラダの材料~
カボチャ:400グラム
レーズン:160グラム
マヨネーズ:大さじ5
コーヒー用ミルク:7個
黒コショウ:少々

~カボチャサラダの作り方~
1)カボチャをゆでる、もしくは、電子レンジでチンする
2)カボチャを皮ごとつぶす
3)レーズンは30分ほどお湯につけておく
4)マヨネーズとコーヒー用ミルクをカボチャに加えて混ぜる
5)レーズンの水気を切る
6)レーズンと黒コショウを加え、ざっくりと混ぜる

なぜカボチャなのか?
それは、カボチャにはベータカロチンという成分が豊富に含まれているからです。

ベータカロチンにはシミやシワなどの老化現象を抑制する効果があります。
どうせなら美味しく摂取したいですよね?
このカボチャサラダは煮物などよりも摂取しやすいと思います。

コーヒー用ミルクを加えるのが意外に思えます。
牛乳でもいいそうです。
が、コーヒー用ミルクに含まれている油脂がベータカロチンの吸収率を高めてくれるとのことなので、牛乳ではなくコーヒー用ミルクを使うのがオススメ。

カボチャをつぶして混ぜるだけという簡単さもGOOD♪

肌の調子を整えてくれるスープのレシピを紹介します。

~美肌スープの材料~
鶏の手羽先:6本
タマネギ:1個
ショウガ:1片
セロリ:1本
長ネギの白い部分:3本
大葉:2枚
ブイヨン:2個
黒コショウ:少々
カレー粉:少々
水:6カップ

~美肌スープの作り方~
1)野菜を食べやすい大きさに切る ※ショウガは薄切り、白ネギは細切り、大葉は細かくなど
2)手羽先を洗ってぬめりを取る
3)大きめの鍋の中に白ネギと大葉以外の野菜・手羽先・ブイヨン・水をすべて入れる
4)アクを取りつつ3時間ほど煮込む
5)黒コショウとカレー粉で味付け
6)器に盛ってから白ネギと大葉を散らして完成

鶏の手羽先には美肌成分・コラーゲンがたっぷり含まれています。
その上、安い!
肌のためのスープの材料にもってこいなんですね。
また、ショウガにはからだを温める効果があるので冷え症の人にオススメな食べ物です。

味付けについてですが、塩コショウではなく黒コショウとカレー粉で味付けを行うのがポイントです。
佐伯チズさん曰く、塩分はくすみのモトなのだとか。
それに、黒コショウには代謝を高める効果もあります。

デートや面接の前日夕飯に食べたいメニューですね!

佐伯チズさん式スキンケアの代表・ローションパック。
なんですが、ローションパックを行う前に行うケアもあります。
それがクリームパックです。

~クリームパック手順~
1)洗顔
2)クリームを手に取る
3)手の平に取ったクリームを指先で混ぜるようにして温める
4)温まったクリームを顔全体に塗る
5)クリームを塗った上からローションパックを行う
6)顔をラップで覆う
7)10分キープ

洗顔直後に化粧水をつけるのではなくローションパックをするのでもなく、まず、クリーム。
これがポイントです。

クリームパックはクリームが持つ化粧品としての栄養を肌の奥深くまで浸透させるのが目的。
クリームを塗った上からローションパックを行うことでそれが可能になるとのこと。

どんなに肌に良いクリームを使ったところで肌に浸透しなければ意味がありません。
ちょっとくらい高くても肌に良い物を使おうと思うならなおのこと浸透させたいですよね。
そんな時にこのクリームパックをスキンケアに取り入れてみると良いのではないでしょうか。

ただし、普段から毎日ローションパックを行っているなど、肌の中の水分量が足りている状態で行ったほうが効果を発揮するようです。

憧れる目元と言えば、二重!
日本人女性の二重への情熱は並々ならぬものがあります。

日本はアイプチやメザイクなどの二重まぶた形成コスメが浸透している国。
とはいえ、『二重を作る』のではなく『二重になる』ことが本当の希望なんですよね。
そのほうが自然な二重になりますし、二重を作る手間がはぶけますから。

手軽に二重になる方法…それはマッサージ!

~二重まぶたマッサージ~
1)指先で優しくまぶたに触れる
2)目のむくみや疲れを取るようにまぶたをマッサージする
3)マッサージする際、ほんの少しだけまぶたを引っ張る

※まぶたをこすらない
※まぶたが乾燥した状態ではやらない
※二重になることを思い描きながら行う

人間の皮膚って伸びるんですよ。
コンタクトの着脱でまぶたを毎日軽く引っ張っているうちに二重になったというケースがあるくらいです。

こすってしまうと色素沈着などの改善しにくいトラブルに見舞われるので注意!
また、乾燥しているとこすっているのと同じくらいのダメージを受けるため、こちらも要注意。

佐伯チズさんは二重になれと念じながら行ったマッサージで二重になったそうです。
お金が掛かるわけではないし、やってみる価値はあるかもですね!

乾燥は誰しもに起こりうる肌トラブルです。
特に、日本は冬場は乾燥しがちですし、梅雨に代表されるような湿度の高い時期もあるとはいえエアコンの効いた室内にいればやはり乾燥します。

そして、乾燥は乾燥自体が肌トラブルでありつつ、他の肌トラブルを引き寄せる厄介な存在でもあります。

乾燥すると、肌のハリやツヤがなくなります。
ニキビができやすくなります。
シワの原因も乾燥です。
乾燥にはきちんと対処を!

ですが、乾燥対策=乳液やクリームを塗ることだと思っていませんか?

乾燥を感じた時に乳液・クリームを肌に塗るという対処をする人がいますが、これは典型的な間違いです。
正しい対処は、

*体内と体外からの水分補給
*油分を奪い過ぎないようにする
*その上で油分を補給する

ことです。

体内からの水分補給はミネラルウォーターを飲むこと、体外からの水分補給はローションパックが有効です。
油分を奪い過ぎないためには、W洗顔をしているならしない、洗顔時に洗顔料を使っているなら使わずにお湯だけで洗う。
こうした対処をした上でクリームなどの油分補給をしましょう。
そうすれば、水分が逃げず、乾燥を予防・改善できます。

肌トラブルとはちょっと違いますが、美肌のためにはむくみ対策も必須ではないでしょうか。

むくみとは、体内の水分が増えて皮膚の下に溜まっている状態。
むくむと、独特の腫れぼったい感じになります。
また、むくみは、顔や指や足に現れやすい症状です。

むくみの原因は一般的には水分の摂り過ぎだと言われています。
そのため、むくむと水分を控える人が多いようです。

が、それではむくみは解消しないかもしれません。

むくんでいる時こそ水分補給をするべきだと佐伯チズさんは言っています。
補給を行えば排出も行うことになりますよね?
つまり、水をたくさん飲んで尿もたくさん出すことが重要なのだそうです。
なぜなら、尿は体内の余分な塩分や老廃物を排出させてくれるから。

余分な塩分や老廃物もむくみの原因です。
尿と一緒に排出すれば簡単かつ安全に排出させられます。

そして、水分が足りないせいで塩分・老廃物がからだの中に溜まってむくんでいる可能性もあります。
そういう意味でも水分補給は大切なのです。

佐伯チズさんは毎日最低でも2リットルはミネラルウォーターを飲んでいると聞きますが、佐伯さんだけの習慣ではなくモデルさんもそうしていると度々耳にします。

カレンダー

2017年8月
« 7月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031