» ニキビの正しいケアのブログ記事

lemon4

老化による肌の衰えは遺伝子によって組み込まれています。
細胞分裂を繰り返すことで皮膚の再生も行われています。
この肌の再生は歳を重ねるごとに加速して老化を早めてしまうのです。
人体の中には酵素があり、これを使い切ると寿命が来るといわれています。
酵素は老化が始まると酸化してしまうので、抑制するために抗酸化成分が必要となるのです。
老化防止をすれば肌の若返りにも効果が期待できます。
そこで、老化防止に役立つ抗酸化の食物類を調べて見ました。
抗酸化の作用があるのは大きく分けて「ビタミン」「カロテノイド」「ポリフェノール」の3つです。

【ビタミン】果物・野菜・イモ類・植物油・ナッツ
【カロテノイド】果物・野菜・緑黄野菜・豆類・卵黄・甲殻類・海藻類
【ポリフェノール】果物・豆類・穀物・チョコレート

以上の栄養成分をバランスよく摂取することで、活性酸素の発生を抑え老化を防ぐ効果があります。
ビタミンの中でもビタミンCは吸収率が悪いので、直ぐに排出されてしまいます。
必要分量を補充するにはこまめに摂取することが大切です。
注意したいのは食材に含まれる成分の分量です。
脂肪類を適度に摂らなければ乾燥して肌がカサカサになるなどの原因にもなります。
しかし、摂取しすぎると皮脂の分泌量が多くニキビなどの肌荒れを引き起こしてしまいます。
脂肪の少ないタンパク質を補充するには、植物性タンパク質の多い大豆が最適です。
栄養バランスの取れた食事を心がけましょう。

毎日の美しいお肌は、毎日の食事からできているのです。
ニキビに悩んでいる人は、好き嫌いが多い食生活をおくっていませんか。
理想的なのは、バランスのとれた食事と規則正しい生活をすることです。
それは理想であって、実現するのは難しいと言う人はこれだけでも続けてください。

【ビタミンA】
肌に潤いを与える役目の皮脂腺や汗腺の働きを保ってくれます。
抗酸化作用により、紫外線の害から肌を守ります。
肌の粘膜を守ってくれる成分を生成してくれます。
直接はニキビと関係なさそうですが、ニキビ対策には肌の健康は基本です。
人参のやトマトの赤さがこれらを手助けしてくれます。

【ビタミンB】
ニキビの原因の一つに、皮脂の異常な分泌があります。
分泌しそうになってしまった脂分は、排泄されるようにしてくれます。
便秘も解消になって、一石二鳥ですよね。
便秘は知らず知らずに、体内に悪玉菌を溜め込んでしまいます。
よって長期の便秘はそれだけで、ニキビの原因になってしまいます。
マグロの赤身や鮭の赤さなどに、多く含まれています。
最近は、お魚を食する機会が大幅に減っています。
そのために、ニキビに悩まされている人が増えているのかもしれません。
さばくのが大変でも、骨があってもお魚を食べましょう。

【ビタミンE】
年齢が高くなると、どうしてもお肌も劣化してしまいます。
そんな恐ろしい現実を少しでも遅らせてくれる作用があります。
「抗酸化作用」が含まれているためです。
ただ、うなぎやアーモンド・ナッツ系は少し高カロリーなので食べ過ぎに注意しましょう。

背中は自分では見にくい場所。
でも、人からは見られる場所!

キャミソールや水着を着た時に割と見られている場所なんです。
ある意味注目されやすい場所なわけで、そんな場所にニキビやニキビ跡ができていたらイヤですよね。
特にニキビ跡。
ニキビは酷くならないうちに治せば消えますが、ニキビ跡はなかなか消えません。

では、背中ニキビ跡を作らないためにはどうしたら良いのでしょう?

1度でも背中ニキビ跡ができたなら、背中ニキビができたらすぐに皮膚科を受診することをオススメします。
それなりにケアしていたつもりでも背中ニキビ跡ができたということは残念ながらケアが不充分だったのかも。
ニキビは皮膚疾患ですから病院へ行くことは大袈裟なことではありません。
皮膚(肌)のプロである皮膚科で診てもらえば安心♪

背中ニキビ専用ケア製品を使うのもオススメ。
オルビスの「クリアボディローション」のように逆さまにしても使えるスプレーやエテュセの「アロマボディウォッシュ」のように背中ニキビにも優しいボディソープを使えば、酷くなる前に完治させられると思います。

ニキビが何度も同じ場所にできることで跡になりやすくなってしまいます。
早め早めのケアが大切!

背中ニキビの予防・対策にはひとつの明確なテーマがあります。
それは「清潔さを保つこと」。

背中ニキビができている人やできやすい人が不潔という意味ではありません。
背中が汗をかきやすい場所である以上、清潔さを保つことはそれなりに手間が掛かるんです。

顔に汗をかいたらタオルで拭くと思います。
でも、背中ってそんなに簡単にタオルで拭けないのではないでしょうか。
拭けなかった汗は衣類に吸い取られますね。
汗を吸い取った衣類が清潔かというと清潔ではないわけで。
四季がある日本では梅雨~夏は汗をかきやすいですから、背中の清潔さを保つことは結構大変!

夏場は帰宅してからすぐシャワーを浴びたり、トイレ・更衣室といった背中を拭ける場所で背中のケアをしましょう。
シートタイプのデオドラント製品がささっと拭けるのでオススメです。
体臭対策にもなります☆

入浴時にも注意することがあります。
からだ→髪ではなく髪→からだの順に洗ってシャンプー類が背中に残らないように!
それから、髪→からだの順に洗っているとしても油断は禁物。
タオルやボディブラシの刺激が背中ニキビの原因になることがあります。
肌への刺激が少ないやわらかめのタオルが良いですよ。

原因があるから結果がある。
というわけで、背中ニキビの原因を把握して原因を取り除くことで背中ニキビを予防しましょう。
背中はチェックしにくい場所ですから、できてからのケアも大切ですができないようにケアすることはもっと大切!

背中ニキビの原因①汗
汗をそんなにかかないタイプの人でも、寝ている時の寝汗や下着との接触で予想を上回る汗をかいています。
下着・キャミソール・タンクトップ・パジャマなど肌に直接触れる物はこまめに洗濯して清潔に!

背中ニキビの原因②下着のしめつけ
例え清潔な下着でもサイズが合っていなくて締めつけてしまうと汗をかきやすくなりますし、摩擦・刺激のせいでニキビができやすくなります。
特に就寝時は仰向けだと背中に体重が掛かるため、締めつけないブラで寝るのがオススメ。
ノーブラは胸が垂れるのでオススメできません…。

背中ニキビの原因③シャンプー
からだと髪、どちらを先に洗いますか?
からだ→髪だとシャンプー(リンスやトリートメントも)が背中に残りやすく、それが背中ニキビのモトに!
髪→からだの順に洗えば残らないはず。

あとは、顔にできるニキビ同様にストレスや睡眠不足も背中ニキビの大敵です。

皮脂を分泌する皮脂腺は顔だけでなくからだにもあります。
特に背中は皮脂腺が集中しているため、背中ニキビと呼ばれるニキビができることがあります。

背中という場所は、汗をかきますし、仰向けに寝れば体重が掛かりますし、女性はブラをつけているので背中をしめつけがち。
これらはすべて背中ニキビの原因であり、背中ニキビを悪化させやすい理由でもあるのです。

それと、背中は自分で直接見られない点も背中ニキビに悪影響を与えています。

女性であれば身支度の際に鏡を見るのはごく普通のことだと思います。
顔のニキビは鏡を見ればまず気づくはず。
でも、背中はすぐにチェックできない。
だから、背中ニキビに気づきにくく悪化させやすいというわけです。
また、背中ニキビは悪化させた結果シミになるケースも目立ちます。

背中がニキビだらけでもニキビ跡だらけでも嫌ですよね。
背中ニキビを予防・改善して背中美人を目指しましょう!

シャンプー類を流した際に背中に付着したままだと背中ニキビの原因になるというデータがあります。
からだを洗ってからシャンプーをするのではなくシャンプーをしてからからだを洗う習慣をつけると背中ニキビ予防・改善になるはずですよ。

カレンダー

2017年10月
« 9月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031