» 2010 » 4月のブログ記事

普段、相手の目を見て話すようにしていますか?
目を見て話をする習慣を持ってほしいと思います。
心理状態は目に表れやすいので、どんなことを考えているのかをそれとなく探れます。

目が笑っていない
→口が笑っていても目が笑っていなければおそらく作り笑いです。また、本当に笑う時は口が笑ってから目が笑うものなので、目と口を同時に動かしたならやはり作り笑いの可能性があります。

目を合わせない
→時々目を逸らすならまだしもずっと目を合わせようとしないなら、何かを隠していて後ろめたい気持ちを抱えていることが多いです。

ずっと目を合わせている
→目を合わせてくるなら、興味・好意があると考えられます。意識して目を合わせている場合もあれば無意識に目をあわせている場合もあります。

まばたきが多い
→これは緊張状態を表しています。好意を持っていることが原因かもしれませんし、逆に苦手なあまり緊張しているかもしれませんから、様子を見ましょう。

目がウロウロする
→視線がウロウロしっぱなしの人は内向的な人が多いです。打ち解けるのに時間が掛かるタイプだと心得ましょう。

こんなにたくさんの情報を読み取れるのですから、目を見ないのはソンですよ!

目を大きく見せようとメイクを頑張ったり研究したり、女性の努力は尽きません。
メイクでも良いと思うのですが、デカ目になるフェイストレーニングを試しても良いと思います。

~デカ目トレーニング1~
1)10秒間、大きく速くまばたきをする
2)5秒間、目を閉じる
3)目を開け、白目にならない程度に上目遣いをする
4)そのまま目を閉じ、15秒間、目を閉じたままでまばたきをする

目の周囲の筋肉を鍛えるトレーニングです。
筋肉が衰えるとまぶたに目が埋もれて目が小さく見えてしまいます。

~デカ目トレーニング2~
1)まっすぐ前を見ながら少しだけアゴを突き出す
2)上まぶたを動かして目を細める
3)目を大きく見開いて3秒キープ
4)20回は繰り返す

上まぶたのむくみを取るトレーニングです。
むくみはデカ目の大敵!

~デカ目トレーニング3~
1)顔は正面を向き、目線は少し上を向く
2)この時、オデコにシワが寄らないように
3)人差し指を下まぶたのそっと添える
4)下まぶたを上まぶたにくっつけるつもりで上げて、3秒キープ
5)10回は繰り返す

下まぶたのたるみを改善するトレーニングです。
人差し指で下まぶたを持ち上げるのではなく下まぶたの力を使うのがポイント。

細い足、まっすぐな足、モデルさんのような足。
そんな足にするべく、美脚体操をやってみませんか?

~美脚体操その1~
1)片ヒジを床につき、横方向に体を伸ばす
2)上側にある足を上げる
3)上げた足を下げる
4)ゆっくりでいいので上げ下げを繰り返す
5)一定時間もしくは回数を終えたら、逆の足が上に来るようにして、同じように行う

エクササイズやエアロビクスで見掛けることの多い動きです。
上げ下げする動きが小さいとももの外側、大きいとももの内側に効きます。

~美脚体操その2~
1)あまり高くない踏み台を用意し、つま先だけで台の上に立つ
2)両足を肩幅に開く
3)背すじはなるべくまっすぐに
4)かかとをゆっくりと下げる
5)下げられるだけ下げたらゆっくりともとの高さに戻す
6)一定時間もしくは回数を繰り返す

こちらはふくらはぎの筋肉を使う体操です。
筋肉を鍛えてあげることで足が引き締められます。

足だけに焦点を絞ると、ダイエットよりも短期間でしかもダイエットよりもはっきりとした効果が出ます。
体重によっては健康のためにダイエットが必要なこともありますが、ダイエットせずに足痩せに集中するのもひとつの作戦ではないでしょうか。

キレイな足はひとつの武器!
とはいえ、足全体をキレイにするのは結構大変です。
ポイントを押さえながらケアをしてみてはどうでしょう?

例えば、膝。
膝は見られていないようでよく見られています。
特に、ミニスカやショーパンを履く時はツルツルの膝でいたいですよね。

膝をツルツルにしたいなら、お風呂に入った時に集中して洗いましょう!

たったこれだけのことで、膝はツルツルになります。
洗えているようで洗えていないことが多いので、意識して洗うようにするだけでツルツルになるのです。
ヒジもそうです。
普段意識していない場所すべて意識して洗うだけで立派なボディケアになりますよ。

更に、

*ゴシゴシと洗わない
*柔らかいタオルを使う

ようにするともっと良いです。

集中して洗っても力任せでは肌を傷めるだけ。
あくまでもソフトに洗いましょう。
時計まわりにタオルを動かしてマッサージでもするみたいに洗ってみてください。
垢すりができそうなゴワゴワしたタオルではなくやわらかいタオルを使うのを忘れずに!
片膝につき30秒は費やしたいですね。

お風呂上がりに膝にボディローションを塗れば完璧です♪

第1段階をクリアした恋愛、すなわち、進展し始めた恋愛では外見よりも内面のアピールが大切。
外見だけでなく内面にも目が向けられる時期ですし、本当に親密になれるかがこの時期にかかっています。

では、進展期間である第2段階。
この期間は少しばかり譲歩が必要かもしれません。

この期間に入ると、お互い自己主張し始めていると思います。
良い意味で遠慮がなくなってくるからです。
仲良くなりつつあるわけですが、相手の主張と自分の主張が重ならないという問題が出てきます。

例えば、デートの場所。
彼は山に行きたいけれど彼女は海に行きたい。
そんな風に正反対の意見が出ることもあるわけです。

こんな時には相手に合わせてあげましょう。

即反対するのではなく1度賛成してあげることで男性は女性の意見を聞き入れやすくなります。
どうしても嫌なこと以外は折れてあげてみてください。
第2段階をクリアせずに第3段階には進めませんからね。

続く第3段階、深化の段階では、相手に足りない部分を自分が補うようにしましょう。

感情的な人には冷静に対応し、おしゃべりな人には聞き役にまわる。
そうすることで相手はあなたのことをパートナーとして認識してくれるはずです。

恋には、

第1段階:出会い
第2段階:進展
第3段階:深化

という3段階あると心理学では言われています。
この段階に合わせてデートの戦略を練ると上手くいきやすいです。

人間は変化が生じない物事に対して飽きることがあります。
単調な恋愛では飽きられてしまう可能性があるわけです。

そもそも、初デートの時と慣れてきてからのデートではお互いの接し方が変わってきて当然。
最初と同じデート戦略のままで良いわけがないんです。

まずは、第1段階に合わせた戦略について。

恋の第1段階の出会いは、「初めて会った」という意味ではなく「出会って間もない期間」という意味です。
言い換えれば、まだ親密になっていない期間。
この段階でコケてしまうと次の段階へ進めません!
押さえるべきは、『笑顔』と『ファッション』です。

この段階では内面よりも外見をアピールするのがベター。
親密になる前は目で見た物事のほうが記憶に残りやすいからです。

言うまでもないかもしれませんが笑顔は無愛想・無表情より好印象。
微笑む程度でいいので笑顔を心掛けましょう。

そして、自分の趣味全開なファッションよりはある程度流行を押さえている今時の服装のほうが受け入れられやすいです。

カレンダー

2010年4月
« 3月   5月 »
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930