» 2010 » 5月のブログ記事

ダイエットに成功するということはキレイになるということ。
そういうイメージがありますよね。

しかし、ダイエット次第でスリムにはなれてもキレイにはなれないかも…。
容姿の問題ではありません。
問題は、肌!

ダイエット中やダイエット後にシワができることがあります。
なぜかというと、栄養が足りていないからです。

ダイエットの方法は山のようにありますが、食事制限を行うものが大半です。
食べ過ぎはからだに良くないとはいえ食べなさ過ぎてもからだに良いわけがありません。
そして、からだに良くないことが肌に良いわけもないのです。

ある程度のカロリーを確保していれば大丈夫?
いいえ、カロリーだけでは×!
栄養が偏ったり足りなくなったりすることがNGなのであって、栄養バランスを整えないことには美肌をキープすることはできません。

栄養が行き届かなくなった肌からはうるおいが失われます。
うるおいが失われた肌はシワができやすくなります。
できてしまったシワを改善するよりもシワを予防するほうが時間も労力も掛かりませんから、シワは可能な限り予防しましょう。

体重が落ちても肌の質まで落ちては意味がない!
栄養が確保できるダイエットを心掛けてくださいね。

負担が小さい、継続できる、フォローがある。
この3点はダイエットを成功させる条件だと言われています。

ダイエットを決行するためには努力が必要とはいえ、肉体・精神的な負担があまりに大きいと成功しにくくなります。

健康を損ねる可能性もあります。
バランス良く痩せるためにも「ダイエットなんか2度としたくない!」と思わないためにも、負担は最小限に抑えたいものです。

そして、継続できる内容であることも重要です。

短期間で痩せたいという気持ちはよくわかります。
が、短期間で落とした体重は短期間で戻ってしまいます。
ダイエットを成功させるということはリバウンドを防ぐことでもあるのですね。

それから、フォロー。
もしくは、バックアップ。
ダイエットで成功したことがないという人に足りないのはここかもしれません。

ダイエットには必ずと言っていいほど停滞期が訪れます。
それまで順調に体重が落ちていたとしてもなかなか落ちなくなる期間が来るわけです。
停滞期は挫折しやすい時期でもあります。
そんな時にフォローやバックアップがあれば乗り越えやすくなるはずです。

ダイエットプランを立てる時には、成功させる条件3点を押さえているプランにしましょう。

水虫を知っていますか?
足の指や爪にかゆみを伴う水疱ができる病気です。
なんと、水虫=カビの一種!

知っている人は「オジサンの病気でしょ?」と思うかもしれません。
確かに、一昔前までは水虫は長時間通気性の悪い革靴を履くことの多い中年男性に多い病気でした。

ところが、4人に1人は水虫だと言われるほどに女性の水虫が増えているんです。

というのも、水虫にかかる原因のひとつが通気性の悪さだから。
足の通気性をさまたげる物と言えばタイツ(ストッキング)やブーツ。
女性にとって身近なアイテムが水虫を呼び寄せているわけです。

水虫を予防する方法はないの!?

大丈夫です、ちゃんとあります。
帰宅直後に足を洗う。
これだけで水虫予防になります。

ブーツを脱いでタイツ類を脱いでも足はまだ蒸れた状態にあります。
が、洗ってタオルで拭いて素足で過ごせば通気性の良さを保てます。

それに、水虫の原因菌が発生していたとしても即感染するわけではありません。
洗うことで菌を流せば感染せずに済みます。

予防していたのに水虫になってしまった、もしくは、すでに水虫になっている。
そんな時には皮膚科へGO!
市販薬を使うよりも皮膚科にかかったほうが早く完治しますよ。

イチゴみたいに黒い点々が鼻にできている人はいませんか?

黒い点々の正体は、毛穴に詰まった汚れです。

毛穴パックで取れる白い小さな塊がありますよね。
あれは、皮脂とメイクの落とし残し・ホコリ・古い角質細胞などが混ざり合って固まって毛穴に詰まった物で、角栓と言います。

その角栓を放置しているとじきに酸化して黒くなり、黒ずみと呼ばれる状態になります。

イチゴ鼻になったからといって痛みがあったり病気になったりするわけではないのですが…。
見た目が良くない!
イチゴ鼻を卒業できるならそれに越したことはないと思います。

イチゴ鼻を卒業するポイントは、

1)洗顔は毎日行う
洗い過ぎは良くないものの洗顔をしないと毛穴に皮脂その他が詰まってしまいます。

2)メイクはクレンジング剤できちんと落とす
メイクは洗顔料では落ちないのでクレンジング剤を使うわけですが、クレンジング剤を使っても落とし残しがあったら意味がない!

3)毛穴を開いてから洗顔orクレンジングする
蒸しタオルを鼻に当てるなどして毛穴を開くと黒ずみが改善しやすくなります。

4)角栓パックはしない
角栓を予防することは大切ですが角栓パックは肌に負担が掛かるため、しないことを推奨。

理由があるわけじゃないけどなんとなくウソかどうかがわかる。
いわゆる、女のカン。
そんな風に、男性よりも女性のほうが洞察力があるみたいです。

とはいえ、すべての女性がウソを見破るのが得意というわけではないですよね。
相手のことが好きなら信じようとするでしょうし。

信じる気持ちは大切ですが、ウソを見抜くことも大切!

以下に人がウソをついた時に生じる5個の不自然さを挙げます。
どれかひとつでも生じている時は注意ですよ!

~ウソの5大ポイント~
ささいな変化
表情よりも態度に出る
話し方が違う
まばたきの回数
視線

よくある不自然さは、口元がピクリと動いたり引きつったりするささいな変化です。
まずは表情を観察しましょう。

しかし、ウソをつくのが上手い人は表情には出ません。
その代わり、表情をごまかしているぶん、態度に出ることがあります。
無意味にからだを揺らすなどしていないかチェック!

そして、話し方。
かんだり、言い間違えたり、早口になったり。
普段と違う話し方は要注意です。

それから、まばたきの回数が増える人がいます。
あとは、視線が合い過ぎても合わな過ぎてもおかしいです。

普段から相手の表情・態度に注意を配っておくといいですよ。

世の中にはブランドがたくさんあります。
ヴィトンなどの高級ブランドやナイキなどのスポーツブランド。

それらブランドとの接し方は人それぞれ。
特定のブランドじゃなきゃ嫌だという人、ブランドであればいいという人、ブランドであろうとなかろうと気にしない人。
こんな面からも心理は見えてきます。

まず、特定ブランドにこだわる人。
強い意志の持ち主であることが多いです。
異性に対しては一人の女性を大切にするタイプ。

ただ、ヴィトンならヴィトンのひとつのラインで統一するのではなく、ヴィトンの中でもお気に入りがちょくちょく変わるようなら、物に対しても人に対しても熱しやすく冷めやすいタイプです。

次に、ブランドならいいという人。
商品価値を見極めるのではなく人気に左右されてしまう人で、他人の意見に流されるタイプです。
鞄はこれ財布はこれと、あえて決めているならいいんですけどね。

ラスト、ブランドを気にしない人。
マイペースな人です。
ブランドと安物を合わせようが全身ノーブランドだろうが気にならない素朴なタイプ。

ブランド物を買えるお金を持っているかではなく、ブランド物の価値を見極めることができるか。
そういう点を読み取りたいものです。

カレンダー

2010年5月
« 4月   6月 »
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31