» 2011 » 7月のブログ記事

塩水ダイエットとは、1日に必要な量の塩を1日に必要な量の水に溶かした塩水を飲むというダイエットです。

塩水ダイエットは『塩なめダイエット』のアレンジ。
『塩なめ』では塩をなめてから水を飲むというスタイルだったのに対し、塩を水に溶かしておいた塩水を飲むのが塩水ダイエットです。

塩&水の摂取スタイルが少々違うだけで、過食が止められない人にありがちな「のどがきちんと渇かずに空腹感が強調されて食べてしまう」という症状を改善するというコンセプトはまったく一緒。

なんですが、塩と水をそれぞれ持ち歩くよりは塩水を持ち歩いたほうが手軽だと言えます。
また、飲もうと思った時にさっと取り出せてさっと飲めるというスムーズさもあります。

ダイエットを続けられるかどうかのカギはこうしたスムーズさではないでしょうか。

ただ…。
塩をなめたあとに水を飲むのであれば水を飲むことで塩の味が薄れますよね?
塩水だと塩水の味なので、その点がネックかも。
まあ、そんなに濃い塩水ではないですけどね。

塩水の味のせいで他の飲み物が飲みたくなってつい飲んでしまう。
そういう人は塩水ダイエットよりも塩なめダイエットのほうが向いているように思います。

塩なめダイエットとは、少量の塩をなめつつ水を飲むというスタイルで1日に一定量の塩と水を摂取するというダイエットです。

1日の生活の中で水分を取らないという人はまずいないはず。
けれど、水分ではなく水ならどうですか?
それも、『体重を30で割った数値の水を』です。

体重を30で割ると1日に必要な水の量が出るそうです。
30kgの人なら1リットル、60kgの人なら2リットルということ。
これだけの量の水を飲んでいる人は少数ではないでしょうか。

実はですね、食べることをガマンできない過食がちな人はきちんとのどが渇かないというデータがあるそうです。
のどが渇かない代わりに空腹になり、だから食べてしまうのだとか。

逆に考えれば、きちんとのどが乾けば空腹感は落ち着くはず。
そこで、塩をなめることで「のどが渇く」状況を作り出し、正常にのどが渇くことをからだに思い出させるのが塩なめダイエットなんです。

塩の1日の目安量はティースプーン1杯。
塩をなめるだけでなく1日に必要な量の水を飲むことで塩分が排出されるので塩分過多にはなりません。

塩も水も一気に摂取しなくて平気です。
例えば、1日10回にわけるなど1日かけて摂取すればOK!

リンゴ牛乳ダイエットとは、リンゴと牛乳をミキサーにかけたリンゴ牛乳を朝食代わりに飲むというダイエットです。

フルーツはお菓子よりはヘルシーなイメージ。
ところが、果糖と言ってフルーツに含まれている糖分はダイエット的には見過ごせない存在なんです。
お菓子よりローカロリーなつもりでオヤツ代わりにしてしまうとあっというまにカロリーオーバー!

でも、ダイエットの味方をしてくれるフルーツもあります。
例えば、リンゴ。
焼きリンゴダイエット」などで紹介したことがあるように、リンゴは食物繊維が豊富☆

ただ、食物繊維やビタミンCがより豊富なのは実ではなく皮のほう。
なので、皮ごと摂取するのが理想的です。
だけど、皮ってちょっと食べにくい…。

食べにくいなら飲んでしまいましょう!
皮ごと切ったリンゴを牛乳と一緒にミキサーにかけてしまえば楽々摂取♪

さて、朝食にリンゴ牛乳だけじゃ足りないと思っている人はいませんか?

試しに飲んでみてください。
予想以上におなかがふくれるはず。

リンゴっておなかに溜まるんですよ。
食物繊維が豊富ですから。
それに、牛乳という水分もおなかを満たしてくれます。

ちなみに、リンゴ半分+牛乳80ccが目安量です。

道具も場所も時間もお金も特に必要ない。
深く考えなくてもできる。
そんなエクササイズなら続けやすい?

でも、そんなエクササイズ、あるの!?

ひとまず、二の腕痩せでそんな部分痩せエクササイズがあるので紹介しますね♪

『左右の腕を逆方向に回転』

①背すじを伸ばして立つ

②両腕をまっすぐ横に伸ばして肩と同じ高さをキープ

③両手の指先まで伸ばし、右手は手の平は正面・左手は手の甲を正面に向ける

④右手の親指が床のほうを向くように右腕を回転させる

⑤同時に、左手の親指が天井のほうを向くように左腕を回転させる

⑥続いて、右手の親指が天井のほうを向くように右腕を回転させる

⑦同時に、左手の親指が床のほうを向くように左腕を回転させる

★4~7で1セット・目標10セット

とても簡単なエクササイズ☆
なんですが、

1:肩と同じ高さに持ち上げることで筋肉を使う

2:ひねる動きで腕をほっそりさせる

といった感じに2大痩せポイントがある優秀なエクササイズでもあるんです。
なので、こんなに簡単でもちゃんと効果アリ!

慣れてきたら、ペットボトルや持てるサイズの本を持ちながらやると更に効果アップ。
なんですが、何も持たずにやる楽チンさが長続きに繋がるかもですね。

ガムダイエットとは、3食の食事時以外でおなかが空いた時にガムを食べて余計な間食を防ぐというダイエットです。

ガムって口に入れると結構長い時間噛んでいたりしませんか?
ガムダイエットはそんな人にピッタリなダイエット!
というのも、小腹が空いたらオヤツや軽食を食べるのではなくガムを気が済むまで噛み続けるというダイエットだから。

ガムなんかでおなかはふくれない?
いいえ、ガムに含まれるほんの少しの甘みが、噛み続けているうちに満腹中枢を刺激してくれるんです。

満腹中枢が刺激されれば空腹感はなくなる☆
実際にはガムしか食べていなくてもおなかがいっぱいになるというわけ。

また、ガムを噛んでいるあいだは他の物が食べられませんよね?
これも何か食べたいという欲求にブレーキを掛けるのに役立ちます。

ガムはできるだけ砂糖を使用していない物を選びましょう。
ただし、砂糖代わりに使用されている甘味料の中には多量に摂取することでおなかがゆるくなる物があるのでその点は注意です。

更に、ガムを噛み続けることでアゴが鍛えられて小顔効果を得られるかも♪

授業中やバイト中などシーンによってはガムは食べられませんが自宅でなら簡単に試せると思います。

アロエダイエットとは、便秘解消効果やストレスをやわらげる効果のあるアロエを毎日食べるというダイエットです。

アロエという植物を知っているでしょうか?
ヨーグルトの中に入っている状態しか知らない人もいるかもしれませんね。

ヨーグルトの中などに入っているちょっとゼリーっぽい物はアロエの葉肉です。
皮をむいた状態の物。
あのゼリーっぽい物が腸内に入ると腸内に残っている消化できなかった食べ物などを吸って排出させるそうです。
便秘解消効果があるというわけですね。

アロエの便秘解消効果はとても強力。
便秘解消どころか下剤効果と言われることもあり、流産する可能性があるので妊婦さんは食べないほうがいいと言われることさえあるくらいです。

皮ごと食べたほうが便秘解消効果が高まるのですが、正直な話食べにくいですし、葉肉だけでも便秘解消効果は充分。
なので、食べる時は皮をむいてアロエの葉肉のみ食べればOKだと思います。

ガンコな便秘症の人もアロエをいきなり大量に食べるのはやめておきましょう。
自分に合ったアロエの量を摂取することはアロエダイエットにおけるひとつのポイントです。

また、市販のアロエヨーグルトは砂糖入りなので食べ過ぎ注意!

カレンダー

2011年7月
« 6月   8月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031