» 2011 » 10月のブログ記事

海洋深層水ダイエットとは、ミネラルを豊富に含む海洋深層水を飲むというダイエットです。

水を毎日一定量飲む、いわゆる水ダイエット。
健康を維持しつつダイエット効果を出すためにはどんな水でもいいというわけではないようです。

水道水でもいいという意見を耳にすることもありますが、基本的にはミネラルウォーターが推奨されています。

ミネラルウォーターとはブランド名や商品名ではなくミネラルを含んでいる水の総称です。
そして、高い山のわき水というようなイメージがあるかもしれませんが、200メートルより深い海の水・海洋深層水もミネラルを含むミネラルウォーターであり、海洋深層水は水ダイエットに適した水だと言われています。

海洋深層水=海水。
ではあるのですが、深度200メートル以上の海水は表層の海水とは別物で、しょっぱくありません。

なおかつ、ミネラルを豊富に含みつつも硬水ではありません。

ミネラルウォーターは通常ミネラル分が高くなればなるほど硬度も高くなり、硬水より軟水が体質に合っている日本人に合いにくくなります。

ところが、海洋深層水はミネラルが豊富なのに硬度がさほど高くありません。
よって、ダイエットに適しているのです。

100グラムダイエットとは、1回の食事量を100グラムにするというダイエットです。

1回の食事量、100グラム。
多いと思いますか? 少ないと思いますか?
もちろん、少ないです。

足りるわけない!と思った人、落ち着いてください。
1回の食事量を100グラムにするものの、1日3回までしか食べられないわけではありません。
1時間経過したらまた100グラム食べてOKなんです。
極端な話、1日10回食べたってOK♪

100kcalではなく100グラムなのはそのほうがわかりやすいからです。
例えば、500グラムのお好み焼きを切り分けて重さを計って100グラムだけ食べるようにします。
これがカロリーだと、これくらいの大きさがこれくらいのカロリーになるから…と少々面倒なことになります。

100グラムという縛りはあっても1時間経過すれば食べられる。
この効果は大きく、ストレスを感じにくいダイエット方法だと言えます。

おなかが空かなかったら食べずにスルーしましょう。
1時間経過したら食べなければいけないというわけではないので。

このダイエットは、ストレスをなるべく感じないようにしながら胃を小さくしていくことが目的です。
100グラム&1時間というルールを守れば少しずつ胃は小さくなるはず。

ごぼう茶ダイエットとは、サポニンを豊富に含むごぼうをお茶として飲むというダイエットです。

ごぼう茶というお茶を知っていますか?
野菜のごぼうをお茶にした物です。
ダイエット効果があるお茶として注目を浴びつつあります。

でも、ごぼう茶にダイエット効果があるならごぼうにもあるんじゃ…?

そう、ごぼう茶の何にダイエット効果があるって、ごぼうの皮部分なんです。
ごぼうの皮にはサポニンという脂肪やコレステロールを抑制する効果を持つ成分が含まれています。

よって、皮ごとごぼうを調理して食べてもごぼう茶と同じ効果を得られると言えます。

しかしながら、皮ごとごぼうを調理する料理、例えばきんぴらごぼうを毎日食べていたら遅かれ早かれあきます。
きんぴらごぼうを作る際の油や調味料のカロリーも少々気になります。

その点、お茶なら普段の飲み物と置き換えるだけで済む上にあきにくく、きんぴらごぼうよりはローカロリーです。

ごぼう茶は手作りできる一方で市販されてもいるので、市販品であれば気軽に試せるのではないでしょうか。
手作りする場合は、皮の汚れをきれいに落として皮ごとスライスした物を天日干ししたからフライパンで炒ればごぼう茶になります。

ローズヒップティーダイエットとは、ダイエット効果のあるローズヒップティーを毎日飲むというダイエットです。

ローズ=バラ。
では、ローズヒップとは何かというとバラの花が咲き終えて実になったあとの実のことです。

ローズヒップティーは少し酸味のあるお茶で、その酸味はビタミンCが豊富な証。
また、C以外のビタミンも豊富な上にカルシウムや鉄分も豊富で、普段飲んでいる飲み物をローズヒップティーに置き換えるだけで健康になれそうです。

とはいえ、健康になれるだけじゃダイエットになりません。

大丈夫、飲むタイミングによってはダイエットになります。
というのも、ローズヒップティーには発汗作用があるからです。

ローズヒップティーが持つ発汗作用は強く、入浴前や運動前にローズヒップティーを飲んでおくと汗をかきにくい人でも汗をかきます。

汗をかくことで体重が落ちたとしても水分摂取でもとに戻ります。
が、ローズヒップティーで発汗を促すことによって代謝を良くしていけば、代謝は良くなっていくはずです。

代謝の良い体は痩せやすい体!
ローズヒップティーを飲めば飲むほど痩せるわけではないものの、体質改善に大いに貢献してくれることでしょう。

フラフープダイエットとは、フラフープを1日10分間はまわすというダイエットです。

以前にも「フラフープまわしダイエット」というフラフープをまわすダイエットを紹介したことがあります。
あれは、1日50回まわすというダイエットでした。
今回は最低でも10分間まわすというダイエットになります。

回数と時間の違いがダイエット的にどんな違いになるのかというと、10分間連続して行うことで有酸素運動になるという点が大きく違います。

運動は大きくわけて無酸素運動と有酸素運動があります。
脂肪を燃やす効果があるのは後者、有酸素運動のほうです。
筋トレなどに代表される無酸素運動はダイエットになるというよりも部分痩せになります。
スリムになるという意味ではどちらもダイエットと言えるかもしれません。

有酸素運動にしたい場合、ある程度時間を掛けて運動を行う必要があります。
フラフープの場合は10分間が目安です。
余裕があれば20分でも30分でも構いません。

が、有酸素運動にするだけでなく毎日毎日続けてこそダイエットが成功するわけで、継続しやすいのは1日10分から15分程度だと思います。

有酸素運動でありつつくびれを作るという部分痩せ効果もあります。

ラジオ体操ダイエットとは、ラジオ体操を毎日決まった時間に行うというダイエットです。

ラジオ体操ダイエットにおけるラジオ体操とは、夏休みの早朝などに行われているあのラジオ体操です。
あのラジオ体操がどうしてダイエットになるのかというと、あのラジオ体操だからです。

ラジオ体操は、そもそも、夏休みの子供のために考案されたわけではありません。
もともとはアメリカで行われていた体操を、日本人の体力向上や健康のためになるからと取り入れられたという歴史があります。
子供向けどころか一般向けの運動なんですね、実は。

しかも、単純な動きでありながら全身を動かします。
運動不足の人が行うと筋肉痛になることさえあるくらいで、あなどれない運動なのです。

そんなラジオ体操ですから、毎日行うだけでもダイエットになります。
毎日決まった時間に行うことで体が慣れやすくなりますから、決まった時間に行うことをおすすめします。
起床後さほど時間が経たないうちに行うと心身共にスッキリするのではないでしょうか。

なお、ラジオ体操には第1と第2がありますが、どちらでも構いません。
好きなほうのみを行うでも良し、交互に行うも良し、両方行うも良し。

カレンダー

2011年10月
« 9月   11月 »
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31