» 2012 » 1月のブログ記事

排出で代謝UPダイエットとは、余計な物や不要な物を体内に溜め込まずに排出させることで代謝を良くするというダイエットです。

今回は“排出”効果を持つ食べ物としてじゃがいもを紹介します。

塩分排出効果がある食べ物としてハチミツを紹介しました。
ハチミツよりも塩分排出効果に優れているのがじゃがいも☆

じゃがいもはカリウムを豊富に含んでいます。
そのカリウムが塩分排出のカギをにぎっている!

じゃがいもはカリウムの王様と呼ばれるほどにカリウムを豊富に含んでいるそうです。
しかも、じゃがいも内のカリウムは調理で火や水などを使うことで壊れたり減少することがない!
カリウムを摂取するのに適した食べ物=じゃがいもというわけなんですね。

塩という物は直接食べることはあまりないと思います。
でも、塩分なら話は別。
塩味の食べ物を食べていなかったとしても塩分は含まれていることがままあります。
味の濃い物は特に!

濃い味が好きな人は塩分摂取過多気味になっていないか自分の食生活を振り返ってみましょう。

過多気味ならじゃがいもを積極的に食べて!
過多というほどでないなら予防の意味で定期的に取り入れてみてくださいね。

排出で代謝UPダイエットとは、余計な物や不要な物を体内に溜め込まずに排出させることで代謝を良くするというダイエットです。

今回は“排出”効果を持つ食べ物として肉を紹介します。

水を飲むだけで太ってしまう。
水を飲むとすぐむくむ。
いわゆる水太りさん。
でも、その水太り、水の飲み過ぎが原因とは限らないんです。

どうしてかというと、たんぱく質が不足しても水太りを引き起こすから。

たんぱく質が不足すると水が過剰気味に…?
一見、関連性がなさそうですよね。

私達の体の最小パーツ・細胞。
細胞はそのひとつひとつが水分をキープしています。

細胞が水分をキープできるのはたんぱく質の膜があるから!

たんぱく質が不足するとその膜が弱くなり、水分キープ力も弱くなります。
キープできなくなった水分が体内に広がった結果、体内の水分量が排出量を上まわり、水でブヨブヨしている状態になってしまうんですね。

膜を補強するのには同じたんぱく質が有効!
それも、鶏&牛肉のたんぱく質が有効で、良質な肉ほど膜を補強してブヨブヨ状態を防ぎます。

ブヨブヨ状態を防げば、水分の排出が追いつくはず♪

過剰なほど水分摂取してないのに水太りするならたんぱく質不足を疑って!

排出で代謝UPダイエットとは、余計な物や不要な物を体内に溜め込まずに排出させることで代謝を良くするというダイエットです。

今回は“排出”効果を持つ食べ物としてソラマメを紹介します。

むくみやすさやむくみにくさは自覚があったりなかったりします。
とってもむくんでいると気づくかもしれませんが、常にほんの少しむくんでいるとしたら気づきにくいですよね。

さて、むくみやすいかどうかのひとつの目安として尿の量が挙げられます。

尿が少ない人はむくみやすいタイプの可能性があります。
というのも、尿が少ないということは体内に水がとどまっていて排出されていないということだからです。

水分を摂取していなくて尿が少ないのであればともかく、こまめに水分補給しても尿の回数・量が少ないなら、むくみやすいのかもしれないと疑ってみましょう。

話をソラマメに戻します。

本来は自然と排出されるはずの水分。
ですが、代謝が良くないと体内にとどまり溜まってしまうことがあります。
ソラマメはそんな水分を排出する効果に優れている!

水を飲んだだけでも太る!というような水分排出のサイクルが良くない人はソラマメを積極的に食べてみてください。

排出で代謝UPダイエットとは、余計な物や不要な物を体内に溜め込まずに排出させることで代謝を良くするというダイエットです。

今回は“排出”効果を持つ食べ物として山芋を紹介します。

納豆やオクラなどネバネバした食べ物は健康に良いと言われています。
山芋も例外ではありません。

山芋の健康のヒミツは消化酵素を豊富に含んでいる点☆

つまり、山芋を食べると消化が助けられるということ。
こってりメニューやがっつり白米を食べたい時に山芋をプラスすれば消化し切れずに残った食べ物が排出されることなく脂肪へと変わってしまうことを防げます。

また、余計な水分を排出する効果もあります。

水は人間にとって絶対的に必要な物。
それでいて、余分な水はむくみの原因になります。
水を飲むとすぐむくむ!というむくみやすい人もいますよね。
水太りの自覚があるならなおのこと山芋はオススメです。

それから、山芋には滋養強壮効果があります。
簡単に言うと、弱っている所を栄養で補強する=滋養強壮。

部活やバイトや残業で疲れているとダイエットをするパワーもダウンしがち。
そんな時でも山芋を食べるようにすればパワーを補いながらダイエットできるのではないでしょうか。

排出で代謝UPダイエットとは、余計な物や不要な物を体内に溜め込まずに排出させることで代謝を良くするというダイエットです。

今回は“排出”効果を持つ食べ物としてハチミツを紹介します。

ハチミツには塩分排出効果があります。
塩分は過剰に摂取してしまうとむくみの原因に!

しかし、ハチミツを摂取すれば塩分を過剰摂取したとしても排出してくれるわけで、ガマンできずにスナック菓子やカップラーメンなどを食べてしまったとしてもハチミツを少量摂取すれば排出をうながせます。

ところで、ハチミツって甘いですよね?

ダイエッッターが甘い物を摂取していいのか!?という話になります。
ハチミツならばOK♪
というのも、ハチミツは砂糖よりもカロリーが低いから。

また、完全栄養食品と呼ばれることもあるハチミツは摂取後すぐにエネルギーに変換される、つまり、溜め込まれることがないというメリットがあります。

ただし、塩分の過剰摂取が良くないようにハチミツの過剰摂取だって良くありません。

砂糖よりカロリーが低いと言っても大量に摂取してはカロリーオーバーになりますからね。
塩分排出を目的に毎日少量を摂取するくらいがちょうどいいのではないでしょうか。

排出で代謝UPダイエットとは、余計な物や不要な物を体内に溜め込まずに排出させることで代謝を良くするというダイエットです。

ダイエッターならば「代謝」という単語を聞いたことがあるのではないでしょうか。
そして、代謝は悪いより良いほうがダイエット的にはプラスなのだということもなんとなく知っている人が多いと思います。

代謝とは、基礎代謝の略。
基礎代謝とは、運動など体を動かすことをしていない状態でどれくらいエネルギーを消費するかということ。

車であればガソリンを消費しにくい物が好まれますよね。
けれど、基礎代謝の場合はエネルギーを消費したほうが好ましい。
なぜなら、消費量の多い体=代謝の良い体=太りにくい体だからです。

さて、代謝の良し悪しは就寝前後の体重でわかると言われています。

寝る前と起きてからの体重を比較し、0.6~1.0kgほど減っていれば代謝が良い♪
逆に言うと体重がまったく減っていない人や0.6kg以下しか減っていなければ代謝は良くありません。

代謝が悪かったとしてもあきらめるべからず!

余計な物や不要な物を体内に溜め込めないように排出することで代謝は良くなるんです。
排出をうながす食べ物を摂取すればいいということ☆

カレンダー

2012年1月
« 12月   2月 »
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031