» 2012 » 9月のブログ記事

誰かが成功したダイエットレシピでも自分に合うとは限らない。これは、自分のタイプとその人のタイプとが違うからです。自分のタイプを把握しておけば太らないレシピが見えてくる!

この際、ハッキリ言いましょう。
デブではないけれどぽっちゃりしている。
今回はそういうタイプのお話です。

このタイプは運動が苦手な人が多く、ほとんどしていないかまったくしていないかが大半。
そして、食べる量は多め。
かつ、お菓子が好きという特徴も。

運動はできればするのがベターではあります。
が、それより何より、お菓子が問題。
お菓子はエンプティカロリーと言って、身にならないカロリーです。

カロリーを摂取するなら間食ではなく食事で!

★低脂肪な鶏肉
★噛む回数が自然と増える玄米

上記におなかがふくれやすくなる汁物をプラスすると良いでしょう。
白菜のスープやしめじのすまし汁がオススメ☆

食事をがっつり食べると太ると思いがちですが、いくら食事が軽くてもお菓子を食べてしまっては意味がありません。
お菓子を食べずに済むくらいきちんと食事をするほうが結果的に食べ過ぎずに済みます。

間食ゼロが理想。
いきなり断つのが難しいなら少しずつでも減らしていってくださいね。

誰かが成功したダイエットレシピでも自分に合うとは限らない。これは、自分のタイプとその人のタイプとが違うからです。自分のタイプを把握しておけば太らないレシピが見えてくる!

ヨガやウォーキングなどの適度な運動をこなし、野菜中心のヘルシーな食生活を心がけているヘルシータイプさん。
一見、理想的なダイエットライフに見えて、ヘルシーだと思い込んでいるだけで実際は不健康かもしれません。

野菜は確かに重要。
でも、肉が少な過ぎる食生活を送ってはいませんか?
軽くても運動をしているならたんぱく質は必須!

★低脂肪・高タンパクなイワシ
★良質なたんぱく質を持つ鶏肉

がっつりとお肉を食べることに抵抗があるなら、イワシがGOOD!
鶏肉もオススメ♪

どうしても抵抗感がぬぐえないなら、こう考えましょう。
『ダイエットのために野菜を食べるなら、肌のために肉を食べる』のだと。
たんぱく質が不足すると肌がカサカサになってしまいます。
細くなれてもシワシワガサガサの肌では美しいとは言えませんよね。
食べることも必要!

本当の意味でヘルシーな食生活を送りたいなら、全粒粉を使ったパンやパスタ・玄米などを取り入れてみてください。

誰かが成功したダイエットレシピでも自分に合うとは限らない。これは、自分のタイプとその人のタイプとが違うからです。自分のタイプを把握しておけば太らないレシピが見えてくる!

適度に運動して適度に食べている。
いわゆる健康的なタイプ。
こういうタイプはダイエットが必要ないタイプではあるものの、現状をキープしたい人や油断したくない人もいますよね。

だったら、ちょっと気をつけて太りにくい体をキープしましょう!

健康的なタイプはおそらく便秘に悩んでいないと思われます。
が、この先も便秘におちいらないよう、腸内環境を整えておくのがベター。

★腸内環境を整える発酵食品(例:キムチ)
★体を冷やさないショウガ

女性はデリケートな存在。
ですから、ちょっと体や心のバランスがくずれただけで便秘になったりホルモンバランスがくずれて血のめぐりが悪くなったりします。

ですから、予防のつもりで発酵食品とショウガの摂取を心がけてみてください。

ちなみに、発酵食品の一例にキムチを挙げたのは、このタイプの人には韓国料理が合いやすいからです。
とはいえ、納豆やヨーグルトなど食べ慣れた発酵食品があるなら、無理にキムチを食べる必要はありません。

誰かが成功したダイエットレシピでも自分に合うとは限らない。これは、自分のタイプとその人のタイプとが違うからです。自分のタイプを把握しておけば太らないレシピが見えてくる!

のアスリートタイプと似ていて、よく運動をしているタイプ。
それでいて、よくは食べないタイプ。

こういうタイプはオーバーアクティブだと言えます。
運動をしっかりするのは素晴らしいけれどだからって食べないのは良くない!

確かに、しっかり運動&カロリーセーブというのはダイエットの基本です。
が。
頑張り過ぎていませんか?

頑張っているのに痩せないならそれはきっと頑張り過ぎなんです。

運動を少し減らしてもOKかもしれません。
体を動かすのが好きなら運動はそのままで食事量を増やしましょう。
特に、

★ビタミン豊富で疲労回復効果のある豚肉
★ビタミンC豊富なパプリカ

このふたつがオススメ食材。

オーバーアクティブタイプは、運動が好きな人やマジメな人に多いです。
つい頑張り過ぎてしまうわけですね。
食べることに罪悪感を覚えるタイプでもあります。
運動で脂肪燃焼するのですから、その脂肪燃焼のためのエネルギー源なんだと割り切って食事をしてくださいね。

誰かが成功したダイエットレシピでも自分に合うとは限らない。これは、自分のタイプとその人のタイプとが違うからです。自分のタイプを把握しておけば太らないレシピが見えてくる!

学生は部活に入っている人が多いですよね。
かつ、運動部に入っている人も多いと思います。

こういうアスリートタイプは、よく運動しているけれどよく食べるというパターンが多いです。

このタイプは運動をプラスする必要はありません。
「でも太っちゃう!」というのであれば、改善すべきは食生活。

とはいえ、食べ過ぎているということではなく。
むしろ、運動で使ったぶん食べて補わないとダメ。

補わないほうが痩せそうに思えてしまいますが、痩せるという行為にはエネルギーを要します。
痩せるためのエネルギーがない状態で痩せることはありえません。

ただし、何を食べるかが重要になってきます。

★良質なたんぱく質を持つ鶏肉
★栄養豊富な卵

ということで、鶏肉&卵がオススメ食材♪

運動しているのですから、お肉を食べても問題ナシ。
植物性ではなく動物性のたんぱく質の摂取が望ましく、かつ、魚より肉のほうが運動で失った栄養素を補えます。

ダイエットを頑張っているし続けているのに痩せない!そんな人にはダイエットが成功しない理由が6パターンあるそうです。

6パターンなのにどうして⑦となっているのかというと、次点、つまり、7パターンめの理由も多くの人に当てはまりそうなので紹介することにしたからです。

7パターンめの理由は「ビタミンC不足」。
ビタミンCは、肌を白くするなど美容に良い栄養素として広く知られています。

あまり知られていないことですが、ビタミンCはダイエットにも有効な栄養!

人間はホルモンというものを有しています。
体内で作られる物質=ホルモンで、色々な種類があります。

色々ありつつも上手くバランスを取っている一方でバランスがくずれてしまうことも。

そして、ホルモンバランスがくずれた時、体調が悪くなったり、ストレスを感じたりします。
ホルモンのバランスがくずれているのにストレスホルモンはしっかり分泌されて痩せにくい体になります。

さて、ビタミンCにはホルモンバランスを整える効果があります。
そういう意味でダイエットに有効なんですね。

脂肪を減らすなどの直接的な作用があるわけではなく、ダイエットのバックアップをしてくれる栄養素だと言えます。

カレンダー

2012年9月
« 8月   10月 »
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930