» 2013 » 2月のブログ記事

仙骨立てダイエットとは、骨盤の一部かつ要である仙骨という骨を立てる姿勢をキープできるようになることで痩せやすい体を作るというダイエットです。

太ももの、外側と来て、今回は付け根のストレッチになります。

①仰向けに寝転がる

②右腕を横方向に伸ばす

③上半身をひねって右足を左方向へ持っていくと共に、膝を90度曲げる

④この時、首は右方向を向きつつ、左手で右膝を押さえる

⑤この姿勢を30秒キープ

⑥手順1の姿勢に戻る

⑦左腕を横方向に伸ばす

⑧上半身をひねって左足を右方向へ持っていくと共に、膝を90度曲げる

⑨この時、首は左方向を向きつつ、右手で左膝を押さえる

⑩この姿勢を30秒キープ

姿勢を30秒キープする際には息を止めてしまわないように。
ゆっくりと呼吸をしましょう。

曲げているほうの膝は逆手で押さえなくとも浮いたり動いたりしないかもしれません。
が、そっと押さえる感じでいいので添えてみてください。

というのも、曲げる際に仙骨が床に対して垂直になるのが理想だからです。

ちょっとイメージしにくいのですが、骨盤の要・真ん中にある仙骨を床に立てるつもりでやってみてください。
手を添えたほうがまっすぐになりやすいように思います。

仙骨立てダイエットとは、骨盤の一部かつ要である仙骨という骨を立てる姿勢をキープできるようになることで痩せやすい体を作るというダイエットです。

太もも側のストレッチの次は太ももの外側のストレッチになります。

太ももの裏と前とをストレッチしておけば太もも全体のストレッチになるような気がするかもしれません。
が、意外と外側は伸びていないので、太もも外側のストレッチも取り入れるようにします。

①仰向けに寝転がる

②両腕は横方向に伸ばして自然な感じに力を抜く

③右足の内側が床につくように右膝を曲げる

④左足のかかとが右膝に乗せられるように左膝を曲げる

⑤左かかとで右膝を押す

⑥この姿勢を30秒キープ

⑦手順2の姿勢に戻る

⑧左足の内側が床につくように左膝を曲げる

⑨右足のかかとが左膝に乗せられるように右膝を曲げる

⑩右かかとで左膝を押す

⑪この姿勢を30秒キープ

かかとで膝を押す際、両肩が浮いてしまう場合があります。
両腕を横方向に伸ばしていても肩が浮くようなら、肩が浮かないように意識して床から離さないようにしてください。

太もも外側のストレッチではありますが腰まわりのストレッチ効果もあります。

仙骨立てダイエットとは、骨盤の一部かつ要である仙骨という骨を立てる姿勢をキープできるようになることで痩せやすい体を作るというダイエットです。

前回は太もも裏のストレッチでした。
今回は逆の面すなわち太もも前側のストレッチです。

①足を伸ばして座る

②上半身をゆっくりと後方に倒して両ひじをついて上半身を支える

③右足は伸ばしたままで左足を曲げる

④その姿勢を30秒キープ

⑤ゆっくりと上半身を寝かせて両肩を床につける

⑥その姿勢を30秒キープ

⑦両腕を伸ばしつつ肩は床につけたまま、もう一度30秒キープ

⑧手順2の姿勢に戻る

⑨左足は伸ばしたままで右足を曲げる

⑩その姿勢を30秒キープ

⑪ゆっくりと上半身を寝かせて両肩を床につける

⑫その姿勢を30秒キープ

⑬両腕を伸ばしつつ肩は床につけたまま、もう一度30秒キープ

左太ももから、3段階に分けて伸ばし、右太ももも同様に3段階に分けて伸ばします。

3段階の1段階目ですでにかなり太もも前側が伸びているのを実感できるはず。
それでも1段階目は楽々クリアできると思います。

2段階目・3段階目でキツイと感じたら30秒ではなく15秒ないし10秒に減らしてみてください。

仙骨立てダイエットとは、骨盤の一部かつ要である仙骨という骨を立てる姿勢をキープできるようになることで痩せやすい体を作るというダイエットです。

今回から、仙骨を立てるための具体的な動きに入ります。
仙骨を立てるためには3パターンの動きがあり、

ストレッチ
エクササイズ
カポエイラエクササイズ

という流れになっています。
まずは、ストレッチから。

①背すじを伸ばして立つ

②足を揃える

③左膝を曲げ、右足は伸ばしてかかとを床につける

④この時、上半身が前傾するが背中は丸めないように注意し、両手を右太ももの上で重ねる

⑤右足首を右側へ倒す

⑥同時に、上半身を前へ倒す

⑦右足首と上半身を倒すことで右太もも裏が伸びるはずなのでしっかり伸ばす

⑧しっかり伸ばして30秒キープ

⑨手順2の姿勢に戻る

⑩右膝を曲げ、左足は伸ばしてかかとを床につける

⑪この時、上半身が前傾するが背中は丸めないように注意し、両手を左太ももの上で重ねる

⑫左足首を左側へ倒す

⑬同時に、上半身を前へ倒す

⑭左足首と上半身を倒すことで左太もも裏が伸びるはずなのでしっかり伸ばす

⑮しっかり伸ばして30秒キープ

⑯手順2の姿勢に戻る

⑰左右交互に10回リピート

太もも裏のストレッチです。

仙骨立てダイエットとは、骨盤の一部かつ要である仙骨という骨を立てる姿勢をキープできるようになることで痩せやすい体を作るというダイエットです。

骨盤がゆがんでいると太ると聞いたことはないでしょうか。
骨盤がゆがむと、その周囲の神経や筋肉もゆがむと言われています。
本来あるべき位置からずれてしまうわけですから、ボディラインも崩れます。

逆に、骨盤を矯正すると体重やウエストサイズがダウンするという話を聞いたことはありませんか?

とはいえ、ただの骨盤矯正とはちょっと違うのが仙骨ダイエット。
骨盤を矯正するという話を聞いたことはあっても、仙骨を立てるという話はあまり聞いたことがないと思います。

姿勢が悪い人は仙骨と呼ばれる骨盤の一部の骨が前傾してしまっているそうです。
前に傾いているということ。
仙骨は骨盤の要とも言うべき骨。
それを立てて本来の位置に戻すことが仙骨ダイエットの仕組みです。

もっと言うと、仙骨を立て、そして、立てた状態をキープできるようにストレッチやエクササイズ、カポエイラと呼ばれる武術を取り入れたエクササイズを行います。

骨盤矯正は骨盤矯正だけれども仙骨を立てないことには始まらないというわけです。

人間は上半身にある筋肉ではなく下半身にある筋肉を鍛えたほうが太りにくくなるそうです。

下半身を鍛えることで太りにくい体を作ることを目的とするエクササイズの紹介も今回で最後となりました。
ラストを飾るのは“足じゃんけん”です。

前回のふくらはぎ痩せ効果があるエクササイズと同様に足を伸ばして座る姿勢で行うので、前回のエクササイズとワンセットで行ってもいいかもしれません。
簡単ですしね。

①床に座って脚を伸ばす

②背すじをなるべく伸ばす

③両手を後ろ手について上半身を支える

④ぐー:両足の指をぐっと曲げる

⑤ちょき:両足の親指を自分のほうへ向けて反らすと同時に残り4本の指は纏めて曲げる

⑥ぱー:足の指1本1本のあいだにスキマが生じるくらい足指を思い切り開く

⑦ぐーちょきぱーを順番に繰り返す×10回

もしかしたら、上手くぐー・ちょき・ぱー出来なかったり、足の指がつりそうになったりするかもしれません。
普段から足の指を動かしていないと最初は苦戦して当然です。

やっていくうちに慣れますから、じゃんけんのそれぞれの形を上手に作れるかは気にせずにやってみましょう。

足首が引き締まる上に外反母趾予防になるそうです。

カレンダー

2013年2月
« 1月   3月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728