» 2013 » 3月のブログ記事

骨盤がゆがんでいるかどうか、ゆがんでいるならどんな風にゆがんでいるのか、自分でチェックしてみましょう。

『骨盤セルフチェックA』は、片足立ちして行うゆがみのセルフチェックでした。
Aでゆがみアリだった人は今回のBも行うことでよりはっきりとゆがみの具合がわかります。

①床に座って背すじを伸ばす

②両手を腰に当てる

③足が右方向を向くように横座りの状態になる

④その状態から右太ももに左足の裏をつける

⑤背すじがきちんと伸ばせるか・膝やヒップが浮かないか・上半身が傾かないかをチェック

⑥足を入れ換え、左太ももに右足の裏をつける

⑦同様に、背すじがきちんと伸ばせるか・膝やヒップが浮かないか・上半身が傾かないかをチェック

このセルフチェックでわかることは、骨盤の周囲にある筋肉の“硬さ”です。
硬い柔らかいは関係ないようで重要で、どちらかだけが硬いなら同じくらいの柔らかさにすることで骨盤のゆがみを解消できます。

チェックした際に例えば右膝は大丈夫なのに左膝が浮いてしまうなら骨盤左側の周辺の筋肉が硬いということになります。

次回より、骨盤のセルフチェックAとBを踏まえて正常な位置に矯正する効果のあるエクササイズを紹介します。

骨盤がゆがんでいるかどうか、ゆがんでいるならどんな風にゆがんでいるのか、自分でチェックしてみましょう。

骨盤がゆがんでいると太りやすい。
骨盤がゆがんでいるなら矯正すれば痩せられる。
これらのことは耳にしたことのある人も多いはずです。

が、自分の骨盤がゆがんでいるかどうか、また、ゆがんでいる場合はどんな風にゆがんでいるのか、把握している人は少ないようです。

確かに、ゆがみの有無だけならまだしも、整体のプロでもないのにどんな風にゆがんでいるかまで把握するのは難しいように思います。
でも、意外と簡単にセルフチェックできるんです。

①背すじを伸ばして立ち、足をそろえる

②右膝を90度曲げて膝から下が床に対して水平になるようにする

③右足を下ろし、続いて、左膝を90度曲げて膝から下が水平になるようにする

きっちり90度に曲げたり水平にしたりしなくて構いません。
だいたいでOKです。
その代わり、片足立ちになった際に腕でバランスを取らないでください。

バランスを取らずに立ってみてどうでしたか?
どちらかに傾いてしまったりどちらか側で立ちづらいなら、そちら側にある骨盤周辺の筋肉が弱い=そちら側の骨盤もゆがんでいるということです。

仙骨立てダイエットとは、骨盤の一部かつ要である仙骨という骨を立てる姿勢をキープできるようになることで痩せやすい体を作るというダイエットです。

カポエイラエクササイズのよっつめにして、仙骨ダイエットのラストです。

①両手両膝をついて四つん這いになり、つま先を床につけて立てる

②この時、両腕と両太ももが床に対して垂直になるようにする

③息を吐きながら、右膝を伸ばしつつ右足を上げていき、右足が床に対して水平になるようにする

④同時に、右ひじを伸ばしつつ右腕を上げていき、右腕が床に対して水平になるようにする

⑤息を吸いながら、もとに戻す

⑥右足&腕を水平→もとに戻す×10回

⑦手順2の姿勢に戻る

⑧息を吐きながら、左膝を伸ばしつつ左足を上げていき、左足が床に対して水平になるようにする

⑨同時に、左ひじを伸ばしつつ左腕を上げていき、左腕が床に対して水平になるようにする

⑩息を吸いながら、もとに戻す

⑪左足&腕を水平→もとに戻す×10回

右足を水平にする際に右腕ではなく左腕という風に足と逆側の腕を水平にするのもGOOG!

これで一通り紹介できましたので、ストレッチエクササイズカポエイラエクササイズの流れをマスターしてくださいね。

仙骨立てダイエットとは、骨盤の一部かつ要である仙骨という骨を立てる姿勢をキープできるようになることで痩せやすい体を作るというダイエットです。

カポエイラエクササイズのみっつめ。
ひとつめふたつめと足を上げるエクササイズでしたが今回も足を上げます。

①床に座って足を伸ばす

②両手を後ろについて支えにする

③足をそろえ、両膝を曲げ、膝下が床に対して垂直になるようにする

④息を吐きながら、左膝を伸ばして左足首を90度にする

⑤同時にヒップを少し持ち上げ、左足も床から浮かせる

⑥再度息を吐きながら、左足を真上に向かって上げていく

⑦床に対して垂直になるくらい上げたら、息を吸いながら、ゆっくりと下ろしていく

⑧上げ下ろし×10回

⑨手順3の姿勢に戻る

⑩息を吐きながら、右膝を伸ばして右足首を90度にする

⑪同時にヒップを少し持ち上げ、右足も床から浮かせる

⑫再度息を吐きながら、右足を真上に向かって上げていく

⑬床に対して垂直になるくらい上げたら、息を吸いながら、ゆっくりと下ろしていく

⑭上げ下ろし×10回

キツめなぶん、効果アリです!
カポエイラエクササイズだけ重点的に行って足痩せ効果を得るのも良さそうですね。

仙骨立てダイエットとは、骨盤の一部かつ要である仙骨という骨を立てる姿勢をキープできるようになることで痩せやすい体を作るというダイエットです。

カポエイラエクササイズのふたつめ。
前回はハイキックのようなエクササイズでしたね。
今回は、まわし蹴りのようなエクササイズです。
といっても、手をついた状態でのまわし蹴りなので難易度は高くありません。

①足をそろえて立っている状態から両膝を曲げて床に両手をつく

②その状態から腰(ヒップ)を持ち上げる

③左足を、股関節を動かすことを意識しながら、左ナナメ上方向に向かってゆっくりと上げる

④この時、頭から左足のつま先までが直線を描くようにする

⑤左足をゆっくりともとに戻す

⑥蹴り上げる→もとに戻す×10回

⑦右足を、股関節を動かすことを意識しながら、右ナナメ上方向に向かってゆっくりと上げる

⑧この時、頭から右足のつま先までが直線を描くようにする

⑨右足をゆっくりともとに戻す

⑩蹴り上げる→もとに戻す×10回

顔は上げず、目線は床でOKです。

両手をつくことで難易度が下がっているものの楽々できるわけではないかも…?
ですが、足もヒップ周辺も引き締まるので頑張りましょう!

仙骨立てダイエットとは、骨盤の一部かつ要である仙骨という骨を立てる姿勢をキープできるようになることで痩せやすい体を作るというダイエットです。

ストレッチ→エクササイズ→カポエイラエクササイズというのが仙骨ダイエットの流れでしたね。

今回からカポエイラエクササイズに入ります。

カポエイラとは武術の一種。

ですが、基本的には攻撃を当てないのとダンスのような動きをするため、ダイエットのエクササイズにアレンジされることが多々あります。

①背すじを伸ばして立つ

②両腕を真横に伸ばして肩と同じ高さをキープ

③両手首をひねって手の甲が前・手の平が後ろを向くようにする

④足をそろえて仙骨が立っていることを意識する

⑤上空をキックするつもりで右足を前方へ向かって蹴り上げる

⑥この時、可能な限り太ももの裏側が上がるようにする

⑦蹴り上げ×10回

⑧手順4の姿勢に戻る

⑨上空をキックするつもりで左足を前方へ向かって蹴り上げる

⑩この時、可能な限り太ももの裏側が上がるようにする

⑪蹴り上げ×10回

「蹴り上げる」と言っても勢いはつけません。

勢いでなんとかするのではなく、ゆっくりでも上がらなくてもいいので可能な限り上げてみてください。

カレンダー

2013年3月
« 2月   4月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031